【憲法】民主主義とは

  「民主主義」をはじめ「主義」のつく言葉に真実味が薄れてきました。権力の道具にさえなってきていると感じます。

【民主主義とは】

2015年にシールズという学生団体が「民主主義って何だ!」の声をあげました。これに対して「民主主義回復」「民主主義を守れ」では答にはなっていないと思います。

多数決民主主義そのものの問いかけを青年はしてきていると思いませんか?

平和と平和主義
自由と自由主義
平等と平等主義
立憲と立憲主義
民主制と民主主義…

では実体が違います。

資本制と資本主義
社会制と社会主義
共同体と共産主義

も違いがあります。

「個人の尊厳」か
「国家の尊厳」か

が基本的な違いと思いますがいかがでしょう?

日本国憲法 対 大日本帝国憲法のようなものです。

~主義がつく言葉の方は全体主義で、金・暴力・権力・マスコミで多数決を誘導します。政権の道具となってきています。

「民主主義って何だ」と言われたら「民主制」を対峙すべきでしょう。

今日の文化状況「今だけここだけ自分だけお金だけ」がすべての世代を覆い尽くしています。

「われらとわれらの子孫のために」が日本国憲法でした。「子孫に基地は残せない」でオールオキナワがあるように、本土も「子孫に基地と核兵器・原発は残せない」でオールジャパンをつくりましょう。

個人の尊厳を出発点にした「民主制」の試みについておはなししましょう。

集まった人すべてを対等平等に扱います。

蔵で月一回、場を開いています。

円く座ります。
一人一人が10分以内で、みんなに聞いてもらいたいことをはなします。他の人はその間、質問も意見も一切なしでただ傾聴するだけです。一周したら、二周目はみんなの報告を聞いてこの場で浮かんだ言葉を順番にだしていきます。
二周が終わったところで、用意していたカレーライスをたべます。

あとは自由討論です。10時に集まって4時ごろに自由参会しています。

多数決民主主義は占領政治下の文部省が発行した「あたらしい憲法のはなし」に始まっていました。憲法には「民主主義」の文字がありません。前文の第二文「そもそも国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」とその原理が書かれています。

どんな法律も多数議席で強行されています。

民主制で未来を準備いたします。

                                 憲法語らいば 古川博資

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中