業と止業:国家・戦争・核神話と各自の覚悟・活動

「業と止業」と「みんなで国に理想を掲げよう」を読んで

古川ひろすけ

憲法前文では
「われらは
いずれの国家も
自国のことのみに専念して
他国を無視してはならないのであって
政治道徳の法則は
普遍的なものであり
この法則に従うことは
自国の主権を維持し
他国と対等関係に立とうとする
各国の責務であると信ずる。

日本国民は
国家の名誉にかけ
全力をあげて
この崇高な理想と目的を
達成することを誓う。」

と高らかにしめくくっています。

二人のテーゼは日本国憲法としっかりかみ合い、響きあうものと確信します。

憲法の第13条では「すべて国民は個人として尊重される」と述べて、個人の生命、自由、幸福追求の権利を保障するためにこそ国政があらねばならないと理想の姿をのべています。これは9条・25条の底流ともなっています。

一方では、憲法改正して、「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法だ」と、ことさらに安倍首相がのべています。
どう考えればいいでしょう?

日米同盟だいじといい、アメリカ軍指揮のもとに自衛隊を導く結果となることが明らかではないでしょうか。
この方向で「国のあり方」を考えているとしたら、国家主権、国家こそ主人公の主張であり、「真逆のこと」と指摘せざるをえません。

ーーーー

古川さん、みなさん

全くその通りですね。

安倍・自民は宿業・悪業の丸出しです。安倍の禅は野狐禅・ポチ禅で止業ではなく私物化・死物化は全体健全ではありません。公務員の長である者が「憲法の尊重・擁護の義務」を守らず、憲法の命・心臓である憲法第九条の「戦争放棄・戦力不保持」と矛盾して(国際的公的機関が世界第5~7位の軍隊とする)自衛隊を戦力不保持に追加(新条項特殊事項優先)し何時までに変えるなどという行為は許されないことです(クーデター・国家反逆罪)。自民は普遍的に自由民主を実現するものではありません。

国家・戦争・核(原爆・原発)は神話です。悪魔を神とする作り話です。邦(郷土)は実在しますが国家は名前だけの権力機構で都市国家以来国民国家に至るまで戦争・殖民・奴隷・階級等五過(錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮)をしてきした(カッシラー「国家の神話」・拙論「枠組転換」等参照)。

個人では戦争が出来ませんが「国家」神話で戦争をし、両者は表裏一体です。核はその延長ですが人類・生類全滅の最大最悪の悪・罪であることは我見・我利を止めれば(止業)普遍的真理・倫理から明白です。それが出来ない人間の業は他生物に比べても最悪です。

世界破滅の脅威を脱するには各人がこれらの神話を本当に知り解体することでょう。トランプ・金・安倍らも人、吾も人、権力・機構を否定して各人が40億の尊い命としてその命を全うすることだと思います。各自がその智恵と行動をもって宇宙的生命を展開・実現すべきです。

                         魯参

Karma & Akarma 業と止業

 

Good morning!

We have a very bright morning here, though on the east coast, East Asia, and East Europe people are having heavy snowstorms with damage. A month after the winter solstice we have the Great Chill officially due to the time lag in warming up. The temperature difference in one day is smaller than that of a whole year due to the difference between the earth’s spin and its orbit traveling.

Geocentrism came from egocentrism, but heliocentrism comes from egolessness. Nukes and wars come from egocentrism, not from egoless holiness, a wholly wholesome way of truth and ethics. Nuclear war would lead to nuclear winter, bringing the global life system into demise “by a tiny tantrum.” Human karma is the culprit of global problems and sufferings.

The triple poisons of person, personal property, and power poison and perish planetary prognosis and peace. The control key of a keyboard can shift from a simple script to a fine function. Simple sitting can shift the karma world to a nirvana state, shedding skins of karma like the north wind to the south sun removing a traveler’s coat. Anyone can witness it with practice.

One can sit still, stilling karma, seeing nirvana like white snow and black ice melting into emptiness as we realize no forms, feelings, ideas, etc., as we recited the Heart Sutra. Samadhi, concentration like a water jet, can cut even mind metal. Sustained practice, continuity like water drops, can cut through a rock. Both wings are essential to fly from karma conditions.

1/20/18 C.E.

 

お早うございます!

ここでは大変明るい朝ですが、東海岸、東アジア、東欧では酷い雪嵐で損害が出ています。暖化の時差のせいで冬至から一月で暦では大寒です。地球の自転と公転の差のせいで一日の温度差は一年のそれより小さいのです。

天動説は我見のせいですが、地動説は無我によるのです。核も戦争も我見のせいですが、無我の真理・倫理の聖性(全体健全)の道によるのではありません。「小さな癇癪」から核戦争が核の冬に至り地球生体系の破滅に至るかもしれません。人間業が地球問題群と苦悩の犯人です。

人と人の所有と勢力が地球的智恵と平和を毒し滅ぼすのです。キーボードのコントロールキーは単純な文字から素晴らしい機能に転換できます。北風から南太陽へが旅人のマントを脱がせたように業の上皮を脱落して単純な坐が業世界を涅槃境へ転換できます。誰でも実践すればそれを実証できるのです。

白雪と黒氷が解けて空になり、また唱えた般若心経のように無色、無受、無想等を体験するように、誰でも静かに坐り、業を静め、涅槃を見れるのです。三昧は水のジェット(噴流)のように心金属をも切る事ができます。持続実践は水の滴りの継続のように岩を穿つことができます。業状況から飛翔するにはこの両翼が必須です。

平成30年1月20日

 

 

 

 

 

thumb_P1130743_1024.jpeg

 

 

 

 

 

 

thumb_P1130739_1024.jpeg

 

 

 

 

 

thumb_P1130652_1024.jpeg

 

 

The above super moon pictures were taken by Mr. Noriyuki Otsuka,

in Shimoda, Shizuoka, Japan