「戦争はそもそも正当化できるか?」討論ビデオ#2

「戦争はそもそも正当化できるか?」討論ビデオ#2

Video of Debate #2: Is War Ever Justifiable?

デーヴィッド・スワンソンによる

By David Swanson
http://davidswanson.org/video-of-debate-2-is-war-ever-justifiable/

私達の最初の討論は2月12日でした。これは私達の第二回目のもので、2018年2月13日メンノナイト大学で行われ、リサ・シャーチさんが司会者でした。

Our first debate was February 12th. This was our second, held February 13, 2018, at Eastern Mennonite University, moderated by Lisa Schirch.

Youtube.

Facebook.

発表者二人の履歴

The two speakers’ bios:

ピート・キルナーは歩兵として軍隊でと合衆国軍学校(ミリタリー・アカデミーで28年以上仕えた作家であり軍事倫理家です。彼は戦闘指導部の研究をする為にイラクとアフガにスターンへ数回派遣されています。彼はウェスト・ポイントの卒業生ですが、ヴァージニア・テックから哲学修士号とペンシルヴァニア州立大学から教育博士号をもらっています。

Pete Kilner is a writer and military ethicist who served more than 28 years in the Army as an infantryman and professor at the U.S. Military Academy. He deployed multiple times to Iraq and Afghanistan to conduct research on combat leadership. A graduate of West Point, he holds an MA in Philosophy from Virginia Tech and a Ph.D. in Education from Penn State.

デーヴィッド・スワンソンは著述家、活動家、ジャーナリスト、ラジオ・ホストです。彼は戦争超越世界団体の代表です。スワンソンの本には「戦争は嘘っぱち」と「戦争は決して正当化できない」があります。彼は2015年、2016年、2017年のノーベル平和賞に指名されていました。彼はヴァージニア大学から哲学修士号をもらっています。

David Swanson is an author, activist, journalist, and radio host. He is director of WorldBeyondWar.org. Swanson’s books include War Is A Lie and War Is Never Just. He is a 2015, 2016, 2017 Nobel Peace Prize Nominee. He holds an MA in philosophy from UVA.

聴衆への討論の影響についての調査に対する総合的努力はされませんでした。あなたの反応を、どうぞ下のコメント欄へお示しください。

No comprehensive effort was made to survey the audience as to the debate’s impact. Indicate your response, please, in the comments section below.

下記が私が討論に用意した意見です:

These were my prepared remarks:

この討論を主催して頂き、又お招き頂き有難うございます。ピートと私は昨夜ラドフォード大学で討論しました。そのビデオはdavidswanson.org. にあります。そして、この国の大多数が賛成しているように私達も軍事支出を削減すべきだということに同意しました。私は順次減らしてゼロにするよう望んでいます。ピートがそれをどれ位にするのを望むか判りませんが、ゼロではありません。しかしながら、私は軍事支出が意味のある程減らされれば逆軍事競争を皆さんが見て、海外で脅威と敵意が減り、結果的により多くの公衆が更にそれを減らすことを望むことは確実だと思います。そうなれば、ある意味で、このような討論をする必要もないでしょうし、私達が必要なのは、民主主義の名義で戦争を行わず、来る年も来る年も軍事主義に殆ど他の一切のものから更に金をつぎ込む政府ではなく、唯民主主義だけが必要なのです。ですが、合衆国の寡頭政治に影響を与えるのに充分強力な運動を構築する為にこのような討論が本当に必要なのであり、戦争が決して正当化されてはならないというはっきりした理解が必要であり、それ故正当化され得るかもしれない戦争を準備する為に年間一兆ドルもダンプカーで棄てるようにつぎ込むのを止める必要があるのです。結局、その金の3%で地球上の飢餓を終わらせることが出来、1%で清浄な水の不足を終わらせることができ、それより大きな額では(気候変動を起こす原因となるのではなく、むしろ)気候変動を方向転換させる好機を私達に与えてくれるのです。ですから、戦争制度こそが実際の戦争よりも遥かに多くのものを殺しているのです、それで何時の日か正義の戦争があるかも知れないと人々が空想する限りそれを減らす力を作り上げられないのです。

Thanks for hosting this and being here. Pete and I debated last night at Radford. A video is at davidswanson.org. And we agreed, as the majority of this country has agreed for years, that military spending should be reduced. I want it gradually reduced to zero. I don’t know where Pete wants it, but he doesn’t want it at zero. However, I am certain that if military spending were significantly reduced, you would see a reverse arms race, a reduction in threats and hostility abroad, and consequently greater public desire to go on reducing it further. So, in a sense, we don’t need this debate, we just need democracy rather than wars in the name of democracy and a government that goes on year-after-year moving more money out of almost everything else and into militarism. But to build a movement powerful enough to influence the U.S. oligarchy we do need this debate, we do need a clearer understanding that no war can ever be justified, and therefore that dumping over a trillion dollars a year into preparing for a possible just war has to stop. After all, 3 percent of that money could end starvation on earth, 1 percent could end the lack of clean water, a bigger chunk could give us a chance against climate change (rather than serving as the leading cause of climate change). So it’s the institution of war that kills far more than the actual wars, and we can’t build the strength to reduce it as long as people imagine there might be a just war some day.

ピートと私はまた多数の戦争が不正義であったということについて同意しました。私は彼が正義と主張する戦争が実際は不正義であったことをその範囲で又それをを離れて少し話しましょう。ですが、正義の戦争の重荷はそれよりもっと重大だと思います。戦争が害よりも善であるには、何百万人の命を無駄にするよりも救い改善することが出来る事から資金を逸らすことによると同様に、不正義の戦争と認められているものの損害を遥かに超える害よりも、善を為すべきだと思います。戦争は制度です、だから戦争が正当化される為にはその制度によってなされる損害を正当化しなければなりません。

Pete and I also agreed that numerous wars have been unjust. I’ll talk a little about why the wars he claims were just were actually unjust on their own terms and in isolation. But I think the burden for a just war is even higher than that. I think a war, to do more good than harm, has to do so much more good than harm as to outweigh the damage done by all the admittedly unjust wars as well as by the diversion of funding from where it could save and improve millions of lives rather than wasting them. War is an institution, and for any war to be justified it has to justify all the damage done by the institution.

しかしピートは二つの戦争を正義とし二つを不正義としましたが、彼が正義・不正義の名札を貼らなかった戦争全てに私達が向かう時どっちがどっちかを判断する方法を私達に何も示しませんでした。それは彼が参加したアフガニスターンとイラクの戦争を含みます。2006年ピートはイラクに対して為された戦争が沢山の善を為したと言いました。私は彼に繰り返しどんな善い事をしたのかを尋ねましたが何の答えも貰っていません。彼は2003年に始められた戦争は実際「賢しこくなく」、「間違い」と呼びました。もしあなたが、それは「社会絶滅」(社会の完全破壊を意味する)という言葉を使うのを根本的に増す戦争だと呼ぶのなら「悪」、「不快」、「遺憾」といったもっと厳しいもので名前をつけるにはどれだけの殺人レベルが必要なのか私には判りません。

But Pete only named a couple of wars just and a couple unjust without ever giving us a method that would allow us to determine which are which when we turn to all the wars he didn’t label one way or the other. Those include wars he took part in: Afghanistan and Iraq. In 2006 Pete claimed the war on Iraq was doing Iraq lots of good. I asked him repeatedly what that good was and never got an answer. He did call the 2003-begun war “imprudent” and a “mistake.” If that’s what you call a war that radically increases the use of the term sociocide (meaning the total destruction of a society), I wonder what level of slaughter is needed before a war gets labeled something harsher like “bad” or “unpleasant” or “mildly regrettable.”

ピートが不正義と同意した現在の戦争はイェーメンでの合衆国とサウジのものでした。しかしピートは合衆国兵士が戦争に参加させる不道徳で不法な命令を拒否するように促す私に同意するのでしょうか?それは合衆国軍は任意(志願)だと呼ぶことの多くの問題の中の一つを暴露するのではないでしょうか?それ以外で任意でしたことは、それを止めることを許されています。兵士達が実行すると思われないような道徳を教えるのにどんな意味がありますか?

One current war that Pete agreed was unjust was the U.S.-Saudi war on Yemen. But will Pete join me in urging U.S. troops to refuse the immoral and illegal order to participate in that war? Isn’t that a moral duty comparable to that of encouraging participation in supposedly just wars? Doesn’t it expose one of the many problems with calling the U.S. military voluntary? Anything else you’re doing voluntarily you’re permitted to quit doing. What is the point of teaching soldiers morality if they aren’t supposed to act on it?

ピートは何が正義の戦争かを説明したと言うでしょうが、それは攻撃されたからする戦争だと言うでしょう。それを除いて、彼は合衆国は攻撃されていないのにこれら全ての戦争を戦って来たを直ちに認めるでしょう。だから、彼は実際に意味するのは、他の誰かが攻撃されたので、合衆国が寛大と助けるというそぶりで介入が許されるというのでしょう。しかし、原則として、この介入は有難いと思われず、要請されたものでなく、実際は助けにならず、逆に破滅的に反生産的であり、本当は不法なのです。誰が死亡したのでしょう、そして誰が合衆国を世界の警察官にしたのでしょうか?誰でもありません。しかし何十万人という人々が警察行為によって殺されたのです。2013年ギャラップ社が世論調査した諸国の公衆は合衆国が世界の平和への最大の脅威であると呼んでいます。ピュー社の2017年のものではそういう見解は更に増えています。何故かを把握しようとするなら、米国以外のどこかの国が良心から一時にいくつかの国々を爆撃したと想像してみて下さい。「ごろつき国家!」とか「戦犯!」とかの悲鳴があらゆるニュース配信会社から山彦になって響いて来るでしょう。

Pete will say that he has explained what a just war is, it’s a war fought because you’ve been attacked. Except that he’ll then readily admit that the United States has been fighting all these wars without having been attacked. So what he actually means is that someone else has been attacked, allowing the United States to step in as a gesture of generosity and assistance. But, as a rule, this stepping in is not appreciated, not requested, not actually helpful, on the contrary catastrophically counterproductive, and also, by the way, illegal. Who died and made the United States the world’s policeman? Nobody. But millions of people have been killed by the policing. The publics of most countries polled in 2013 by Gallup called the United States the greatest threat to peace in the world. Pew found that viewpoint increased in 2017. To begin to grasp why, just imagine if some other country began bombing several nations at a time out of the goodness of its heart. The shrieks of “Rogue Nation!” and “War Criminal!” would echo across every corporate news outlet.

合衆国がロシアにしたようにどこかの国が合衆国を標的にしたミサイルをカナダかメキシコに設置したらと想像してみて下さい。彼らがこれは防衛だと正当化し、それを証明する国防総省によってされたと想像してみてください。ウラジミール・プーチンがジャック・マットロック合衆国大使にロシアの近くの合衆国のミサイルについて尋ねると、それはアメリカの純粋に就職計画だから心配するなとマットロックがプーチンに語っているビデオがあります。逆の立場になったら私達をそんな回答が満足させるでしょうか?マサチューセッツ大学、アムハースト校が行った調査は軍事支出は我々の職を犠牲にして増やすものではないことを明らかに示しているのは気にしないで。

Imagine if some country put missiles just inside Canada and Mexico aimed at the United States, the way that the United States does to Russia. Imagine if they justified this as defensive and pointed out that it was being done by their Defense Department which proved it. There’s a video of Vladimir Putin asking former U.S. Ambassador Jack Matlock about U.S. missiles near Russia, and Matlock tells Putin not to worry because the missiles are purely a jobs program for back in the states. Would such an answer satisfy us if the case were reversed? Never mind that the studies done by the University of Massachusetts-Amherst show quite clearly that military spending costs us jobs rather than adding to them.

ピートが正義の戦争だと言う比較的最近の合衆国の戦争の一つは、私達が資金移転、核黙示録(破滅)、戦争機械の環境損害、政治的文化的損害、保護よりむしろ反生産的な危機化などをプラスしなかったと同意するあらゆる合衆国の戦争による損害を多分上回らないでしょうが、正にその戦争について簡単に見てみましょう。

Although the one relatively recent U.S. war that Pete says was just cannot possibly outweigh the damage done by all the U.S. wars we agree were not plus the diversion of funding, the risk of nuclear apocalypse, the war machine’s environmental damage, the political and cultural damage, the counterproductive endangerment rather than protection, etc., let me look at that one war very briefly.

その戦争とは湾岸戦争です。合衆国はサダム・フセインを権力の座につけ何年にもわたって攻撃的な対イラン戦争を応援したことを思い出して下さい。ヴァージニア州のマナッソーにあるアメリカ型文化コレクションという会社がサダム・フセインに炭疽の生物原料を供給していました。後になってはじめて、イラクは有意な生物学的、科学的、まして核兵器を全く持っていないことが明らかになった時に、イラクが新しい膨大な量のこれらのものを持っているという素振りで、99.9%の人々がドナルド・ラムズフィールドと決して握手などしなかった人間で満ちた国家を爆撃するどうにかした口実になったのです。だが、初めに湾岸戦争がありました。どの戦争とも同じように、暗い小路でズ時強盗とかピートが使いたがる比喩の接近も急迫の気配もない脅迫の期間で始まりました。実際、この引き伸ばされた特別の期間に大衆宣伝会社は少女に、イラクは赤ん坊を保育器から取り出していると議会に証言するように、練習させていました。そしてこの間にイラクは、もしイスラエルが不法に占領しているパレスチナ領から撤退するなら、自分もクウェートから撤退すると提案し、またイラクは大量殺戮兵器のない中東にする提案をしていました。多数の政府と、決して間違わないと想像された、法王と呼ばれる御仁も合衆国に平和的解決を追求するように促しました。合衆国は戦争の方を好みました。人間の自己防衛という関係のない比喩の更なる奇妙さで合衆国はこの戦争で撤退中の何万人というイラク人を殺しました。

This is the Persian Gulf War. Recall that the United States had worked to bring Saddam Hussein to power and had armed and aided him in an aggressive war against Iran for years. A company called American Type Culture Collection in Manassas, Virginia, supplied the biological materials for anthrax to Saddam Hussein. Only later, when it was clear Iraq had no significant biological or chemical much less nuclear weapons, the pretense that it had new vast stockpiles of them was somehow a justification to bomb a nation full of human beings, 99.9 percent of whom had never shaken hands with Donald Rumsfeld. But first came the Gulf War. Like every war, it began with a period of threats, which bore no resemblance to the immediacy and urgency of a mugging in a dark alley or similar analogy that Pete likes to use. In fact, during this particular drawn-out period, a public relations company coached a girl to lie to Congress that Iraq was taking babies out of incubators. And meanwhile Iraq proposed to withdraw from Kuwait if Israel would withdraw from Palestinian territories illegally occupied, and Iraq proposed a weapons of mass destruction free Middle East. Numerous governments and even a guy who’s supposedly never wrong called The Pope urged the U.S. to pursue a peaceful settlement. The U.S. preferred war. At further odds with irrelevant analogies to personal self-defense, the U.S. in this war killed tens of thousands of Iraqis while they were retreating.

トランプ以外の最近の大統領が軍事パレードを何故提案しないかお分かりでしょうか? 湾岸戦争以来の合衆国の戦争のどれも「勝利」の振りをする事が出来るとは程遠いものだからです。重要なことは、その後でパレードをしたいと思う勝利が必要なのではなく、勝利などというものがないということですー湾岸戦争も勿論勝利ではありませんーそして、私達すべてが「火炎と憤怒」になる前にその基本的な真実を知る必要があるのです。終わることのない爆撃と制裁措置(マドレーン・オルブライトが五十万人の子供たちを殺すことは正当化できると言ったのを誰か憶えていますか?)、そして新しい戦争、サウジアラビアでの兵士達、サウジアラビアからの兵士撤退を目的にしたテロ、(9・11は何だったと思いますか、実際?)、中東の更なる軍事化、退役軍人達の恐ろしい諸々の病気、そして湾岸戦争に続く他のすべての恐ろしい事は湾岸戦争が「勝利」であったなどという考えを奇怪なものにします。湾岸戦争の退役軍人チモシー・マックベイがオクラホマ市の建物を爆破した言い訳をして何と言ったか知っていますか?完全な正義の戦争論者とそっくりに、彼は「より崇高な目的を持っていた」と言ったのです、だからその建物とその中にいた人達は単に付随的損害だったのです。そして、あなたは、人々がその列に加わらないのは何故か分かりますか?何故ならマックベイはテレビ網を効果的に制御できなかったからです。

Do you know why recent presidents other than Trump have not proposed big military parades? It’s because none of the U.S. wars since the Gulf War has been able to even remotely pretend to a “victory.” The point is not that we need a victory after which we should want a parade, but rather that there is no such thing as a victory — the Gulf War wasn’t one either — and we need to recognize that basic truth before we’re all turned into fire and fury. The endless bombings and sanctions (who remembers Madeleine Albright saying that killing a half million children was justified?), and the new wars, and troops in Saudi Arabia, and terrorism aimed at getting troops out of Saudi Arabia (what do you think 9/11 was, exactly?), and the further militarization of the Middle East, and horrible illnesses among veterans, and all the other horrors that followed from the Gulf War render grotesque the notion that it was a “victory.” Do you know what Gulf War veteran Timothy McVeigh said to excuse blowing up a building in Oklahoma City? Like a perfect Just War Theorist, he said that he had a higher purpose, so that the building and the people killed in it were merely collateral damage. And do you know why people didn’t fall for that line? Because McVeigh did not have effective control of any television networks.

ところで、私達はトランプに、彼が戦争を止める度にパレードをする、という提案をすべきだと、固く信じているのです。

By the way, I do believe we should offer Trump a deal: one parade for each war he ends.

ピートの正義の戦争の二番目の候補はボスニアです。全ての戦争はヒトラーを持つようにトニー・ブレアはこの度のヒトラーをスロボダン・ミロシェヴィッチにしました。崇敬できる指導者からは遥かに遠いとは言え、彼は嘘の対象になりましたが、戦争は彼を放逐することに失敗しました、創造的で非暴力的なオトポル(抵抗)運動は後に彼を転覆させました、そし国連戦犯法廷は後になって効果的に死後になって他の被告の長い宣告(文)の中で彼に対する告訴を免除しました。合衆国はユーゴスラビアの分割の為に精力的に働きかけて関係者間の交渉して得た合意をわざと阻止しました。当時の国連総長のブルトロス・ブルトロス・ガリは「クリントン政権は、職についた最初の数週間のうちに、セルビア人に統一国家の領域の43%を与える筈のヴァンス-オーウェン・プランに死の打撃を処方した。1995年デイトンでその政権は、更に約三年の恐怖と殺戮の後になって、二つの実体に分割された国家にいるセルビア人に49%を与える合意を誇りにした」と言いました。

Pete’s candidate number 2 for a Just War is Bosnia. As every war has a Hitler, the man Tony Blair labeled Hitler this time was Slobodan Milosevic. While very far from an admirable leader, he was lied about, the war failed to overthrow him, the creative nonviolent Otpur movement later did overthrow him, and the UN’s criminal tribunal later effectively and posthumously exonerated him of his charges in a lengthy ruling on another defendant. The U.S. had worked vigorously for the breakup of Yugoslavia and intentionally prevented negotiated agreements among the parties. Then-U.N. Secretary General Boutros Boutros-Ghali said, “In its first weeks in office, the Clinton administration has administered a death blow to the Vance-Owen plan that would have given the Serbs 43 percent of the territory of a unified state. In 1995 at Dayton, the administration took pride in an agreement that, after nearly three more years of horror and slaughter, gave the Serbs 49 percent in a state partitioned into two entities.”

三年後にコソボ紛争がやって来ました。合衆国は、クリミアのように、ではなく、コソボは分離脱退の権利があると信じていました。しかし合衆国は、クリミアのように、人が殺されずにはそれがなされることを欲してはいませんでした。1999年6月14日発行の「ネーション」紙はジョージ・ケニー前国務省ユーゴスラヴィア事務官は(筆者)「マデレーン・オルブライト国務長官と定期的に旅行していた弾劾不可能な報道情報源はランブイエ会談での奥深い裏の秘密を(守るよう)記者達に誓わせて合衆国は「セルビアが受諾できるより高い障害棒ををわざと設けた」と自慢しました。上院共和党員の外交政策補佐官ジム・ジェートラは1999年5月18日ワシントンD.C.にあるケイトー研究所での講演で「門外不出で、上級政権官吏がランブイエでメデイアに」次のように「語った、我々はセルビア人が応ずることができないような高い障害棒をわざと設けた。彼らはいくらか爆撃する必要がある、といったものを受け取る」と「権威ある筋から得た」と報告しています。「報道の公正と正確」のある会見でケニーとジェートラの両者は「これらは合衆国官吏と話した記者達が実際の引用を文字にしたものだ」と主張しているのです。

Three years later came the Kosovo war. The United States believed that, unlike Crimea, Kosovo had the right to secede. But the United States did not want it done, like Crimea, without any people getting killed. In the June 14, 1999 issue of The Nation, George Kenney, a former State Department Yugoslavia desk officer, reported: “An unimpeachable press source who regularly travels with Secretary of State Madeleine Albright told this [writer] that, swearing reporters to deep-background confidentiality at the Rambouillet talks, a senior State Department official had bragged that the United States ‘deliberately set the bar higher than the Serbs could accept.’ The Serbs needed, according to the official, a little bombing to see reason.” Jim Jatras, a foreign policy aide to Senate Republicans, reported in a May 18, 1999, speech at the Cato Institute in Washington that he had it “on good authority” that a “senior Administration official told media at Rambouillet, under embargo” the following: “We intentionally set the bar too high for the Serbs to comply. They need some bombing, and that’s what they are going to get.” In interviews with Fairness and Accuracy in Reporting, both Kenney and Jatras asserted that these were actual quotes transcribed by reporters who spoke with a U.S. official.

国連は1999年の合衆国とそのNATO連盟国がセルビアを爆撃することを認めませんでした。合衆国議会も認めませんでした。しかし、合衆国は多数の人々を殺し、更に多くの人々を傷つけ、市民インフラや病院やメデイアの情報提供機関を破壊し、難民危機を造成した大量爆撃キャンペーンに従事しました。その破壊は嘘、デッチアゲ、残虐行為の誇張によって為され、時間転倒の自分の攻撃が生み出した、暴力への報復であると正当化されました。

The United Nations did not authorize the United States and its NATO allies to bomb Serbia in 1999. Neither did the United States Congress. The U.S. engaged in a massive bombing campaign that killed large numbers of people, injured many more, destroyed civilian infrastructure, hospitals, and media outlets, and created a refugee crisis. This destruction was accomplished through lies, fabrications, and exaggerations about atrocities, and then justified anachronistically as a response to violence that it helped generate.

爆撃の前の年に2千人が殺されましたが、その大半はCIA(米国中央情報機関)に支援されたコソボ解放軍ゲリラによって殺されましが、彼らは西欧の人道戦士達に訴えるようにセルビアの応戦の為の挑発を狙ったものでした。同時に、NATO同盟国であるトルコがその80%は米国から来た武器で更に大きな残虐行為をしました。しかし、ワシントンはトルコとの戦争を欲していなかったので、その残虐行為についてのプロパガンダ・キャンペーンは構築せず、かえってトルコへの武器輸送を増やしました。それと対照的に、ナチのホロコーストになぞらえた誇張された仮想の残虐行為によるコソボについての巧妙なプロパガンダ・キャンペーンが確立され、それはそれに続く諸戦争に受け継がれました。鉄条網越しの痩せた男の写真が終わることなく繰り返し報道されました。究明ジャーナリストのフィリップ・ナイトリーは鉄条網越しの者は多分報道員と写真家であり、写真に写された場所は、醜いながら、痩せた男の隣に太った男が立っているのを含めて人々が自由に立ち去れる避難民キャンプであろうと決定しています。実際残虐行為はありましたが、その殆どは爆撃の後であり、その前ではなかったのです。殆どの西欧の報道はその時系列を逆にしています。

In the year prior to the bombing some 2,000 people were killed, a majority by Kosovo Liberation Army guerrillas who, with support from the CIA, were seeking to incite a Serbian response that would appeal to Western humanitarian warriors. At the same time, NATO member Turkey was committing much larger atrocities, with 80% of their weapons coming from the United States. But Washington didn’t want war with Turkey, so no propaganda campaign was built around its crimes; instead weapons shipments to Turkey were increased. In contrast, a slick propaganda campaign regarding Kosovo established a model that would be followed in future wars, by connecting exaggerated and fictional atrocities to the Nazi holocaust. A photo of a thin man seen through barbed wire was reproduced endlessly. But investigative journalist Philip Knightly determined that it was probably the reporters and photographers who were behind the barbed wire, and that the place photographed, while ugly, was a refugee camp that people, including the fat man standing next to the thin man, were free to leave. There were indeed atrocities, but most of them occurred after the bombing, not before it. Most of Western reporting inverted that chronology.

昨夜ピートは1967年のイスラエル6日戦争をイスラエル側からは典型的に正当化できる戦争であったとしました。その戦争の人気英雄であるイスラエルの将軍マッテイ・ペレドの息子ミコ・ペレドは6年前に次のように書いています:

Last night Pete also labeled the Israeli Six Days War of 1967 as the quintessentially justifiable war on the part of Israel. Israeli General Matti Peled, popular hero of that war, has a son named Miko Peled who wrote this six years ago:

「1967年に、今日と同様に、イスラエルの権力中枢はIDF(イスラエル国防軍)上層指揮部と議会で会った。1967年6月2日両派は国防軍司令部で会合した。軍部招待側は概して注意深く鳩派の首相レヴィー・エシコールに後に一般に「将軍達のクー(デター)」と呼ばれる程の好戦的な姿勢で挨拶した。私がイスラエル陸軍書庫で見つけたその会議の記録は、将軍達がエシコールにエジプト人達は前面的戦争に備えるには18ヶ月から2年必要だろうから、今こそ先制攻撃をする時だと明確にしたことが、明かされた。私の父はエシコールに「ナセルは議会が躊躇しているのを計算して準備の出来ていない陸軍を前進させています。あなたが躊躇していたら彼を有利にします。」と言った。・・・会議中には脅威については何も語られず、掴むべき「好機」のことのみが語られた。直ぐに議会は陸軍の圧力に屈して、あとは、彼らが言うところの、歴史である。」

“In 1967, as today, the two power centers in Israel were the IDF high command and the Cabinet. On June 2, 1967, the two groups met at IDF headquarters. The military hosts greeted the generally cautious and dovish prime minister, Levi Eshkol, with such a level of belligerence that the meeting was later commonly called ‘the Generals’ Coup.’ The transcripts of that meeting, which I found in the Israeli army archives, reveal that the generals made it clear to Eshkol that the Egyptians would need 18 months to two years before they would be ready for a full-scale war, and therefore this was the time for a preemptive strike. My father told Eshkol: ‘Nasser is advancing an ill-prepared army because he is counting on the Cabinet being hesitant. Your hesitation is working in his advantage.’ . . . Throughout the meeting, there was no mention of a threat but rather of an ‘opportunity’ that was there, to be seized. Within short order, the Cabinet succumbed to the pressure of the army, and the rest, as they say, is history.”

18ヶ月先の危険によって正当化された所謂先制大量殺戮は不法な民族全滅的占領になりますが、貴方が誰かがハリソンバーグで暗い小路で辻強盗に直面したらすべき事とは何の類似性もありません、と私は提言します。辻強盗被害者も医者も(よそ者でも救いの手を延べる)「良きサマリタン」も彼らの行動を戦争の比喩で正当化することは決してしないでしょうから、私達も彼らに同様の礼儀をもって対して、そんなに無関係な努力を比喩にして正当化しないようにしてはどうですか?

A so-called preemptive mass-slaughter, followed by decades of illegal genocidal occupation, justified by a danger 18-months away, I propose, bears zero similarity to what you should do if you see someone confronted by a mugger in a dark alley in Harrisonburg. As mugging victims and surgeons and good Samaritans never justify their behavior with war analogies, how about we do them the same courtesy and not justify war with analogies to such unrelated endeavors?

2011年にはNATOがリビアを爆撃できるように、NATOによってアフリカ連合はリビアに平和計画を提示するのを妨げられました。

In 2011, so that NATO could begin bombing Libya, the African Union was prevented by NATO from presenting a peace plan to Libya.

2003年には、フセインが去るという申し出をしたというブッシュ大統領のスペイン大統領に語った情報も含めて多数の情報によるとイラクは無制限の査察に応ずる用意があり、その大統領が去ることさえ用意をしていました。

In 2003, Iraq was open to unlimited inspections or even the departure of its president, according to numerous sources, including the president of Spain to whom U.S. President Bush recounted Hussein’s offer to leave.

2001年にアフガニスターンはオサマ・ビン・ラデンを裁判の為に第三国に引き渡す用意がありました。

In 2001, Afghanistan was open to turning Osama bin Laden over to a third country for trial.

歴史を遡りましょう。合衆国はヴェトナムに対する平和提案を妨害しました。朝鮮戦争の前にソ連は平和交渉を提案しました。スペインは米西戦争の前に合衆国船メイン号沈没が国際仲裁になることを望みました。メキシコはその北半分の譲度の交渉を望んでいました。どの場合でも、合衆国は戦争を選んだのです。平和は注意深く避けるべきだったのです。

Go back through history. The United States sabotaged peace proposals for Vietnam. The Soviet Union proposed peace negotiations before the Korean War. Spain wanted the sinking of the U.S.S.Maine to go to international arbitration before the Spanish American War. Mexico was willing to negotiate the sale of its northern half. In each case, the U.S. preferred war. Peace has to be carefully avoided.

だから、誰かが私にアフガニスターンを攻撃しないで何をするかと問うなら、三つの回答をします、順次に軽視すべきでない(重要な)ものです:

1.アフガニスターンを攻撃するな。

2. 罪を罪として罰し、新しい罪を犯すな。外交と法の支配を用いよ。

3.正義と紛争解決と戦争制度を撤廃した経済と政治の世界を創造するために働け。

追記:質問は皆どれも第二次大戦についてなので、それは質問と応答の方に回します。

有難うございました。

So when someone asks me what I would do instead of attacking Afghanistan, I have three answers, progressively less flippant.

  1. Don’t attack Afghanistan.

  2. Prosecute crimes as crimes, don’t commit new crimes. Use diplomacy and the rule of law.

  3. Work to create a world with systems of justice and dispute resolution and economies and politics that do without the institution of war altogether.

PS: All the questions will be about World War II regardless, so I’ll just save that one for the Q&A.

Thank you.

##

ご支援をお願いします:

Help support DavidSwanson.org, WarIsACrime.org, and TalkNationRadio.org by clicking here: http://davidswanson.org/donate.

この電子メールを転送された方は以下のサイトからご参加ください:

If you were forwarded this email please sign up at https://actionnetwork.org/forms/activism-alerts-from-david-swanson.

電子メール受け取り申し込み:

Email Sign Up:

活動家警鐘

Activist alerts.

記事

Articles.

デーヴィッド・スワンソン・ニュース

David Swanson news.

戦争超越世界ニュース

World Beyond War news.

シャーロットヴィル・ニュース

Charlottesville news.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中