米国は何故平和を嫌うのか?(全訳・コメントあり)

OpEdNews Op Eds 

Why Does the U.S. Hate Peace?

By テッド・ボール       Message Ted Rall       (Page 1 of 2 pages)     Permalink

Related Topic(s): Add Tags  Add to My Group(s)

Must Read 6   Well Said 5   Supported 5
View Ratings | Rate It

opednews.com Headlined to H2 3/9/18
Author 66949
Become a Fan
(25 fans)
From Counterpunch

From youtube.com: Kim Jong Un has vowed not to conduct any further missile launches or nuclear tests in exchange for a security guarantee from the United States and its allies. {MID-261543}
金正恩は米国とその同盟国から安全保障の担保と交換にミサイル発射も核試験も行わない
と誓った。
Kim Jong Un has vowed not to conduct any further missile launches or nuclear tests in exchange for a security guarantee from the United States and its allies.
(Image by YouTube, Channel: RT America)
  Permission   Details   DMCA

平和に機会を与えよ、と歌は促す。

Give peace a chance, the song urges.

だが米国はそうしない。

But the United States won’t have it.

五輪外交が朝鮮半島で働いているようである。韓国特使団が平壌を訪問した後彼らは希望の持てるコミュニケを出した。「北朝鮮側は明らかに非核化への意思を述べた」とその声明は言っている。朝鮮危機と二、三ヶ月前に役人がハワイ人達をマンホールに飛び込ませた莫迦莫迦しい非常事態を考えると、このニュースは安堵させることになる。

Olympic diplomacy seems to be working on the Korean peninsula. After a pair of South Korean envoys visited Pyongyang, they issued a promising communique. “The North Korean side clearly stated its willingness to denuclearize,” the statement said. Considering that the Korean crisis and a derpy emergency management official had Hawaiians jumping down manholes a few months ago, this news comes as a relief.

それから困難が来る。韓国の声明は続く「(北朝鮮)は北への軍事的脅威が除かれてその安全保障が担保されれば核兵器を保持する何の理由もないだろうということを明らかにした。」

Then comes the rub. The South Korean statement continued: “[North Korea] made it clear that it would have no reason to keep nuclear weapons if the military threat to the North was eliminated and its security guaranteed.” [My emphasis]

言い方を変えれば、朝鮮人民民主主義共和国はー理屈に合っているがー我々は自らの核を放棄する、しかし君達が我々を侵略しない限りである。その担保は二国、韓国と米国、によって出されなければななないということだろう。

In other words, the DPRK is saying — reasonably — we’ll get rid of our nukes but only if you promise not to invade us. That guarantee would have to be issued by two countries: South Korea and the United States.

これは長期に確立された米国外交政策と真っ向から矛盾するものである、即ちそれは国際紛争で自分たちのやり方を通せなければ軍事力の行使が常に机上にあるということを繰り返し言明しているのである。

This would directly contradict long-standing U.S. foreign policy, which clearly and repeatedly states that the use of military force is always on the table when we don’t get our way in an international dispute.

金正恩は我々を恐れる正当な理由がある。トランプ大統領は国連での演説で北朝鮮を「全滅」させると脅迫したのであった。ジョージ・W・ブッシュ大統領は「悪の枢軸」のメンバーに対してそう言明した:我々は、想定される二つの悪漢達の一つである、イラクを侵略して現在占領中である。イラクの大統領を放逐して処刑を可能にした後である。先週ブッシュの国連大使ジョン・ボルトンは北朝鮮の挑発が無くても核攻撃出来るとする法律議論を発表した。

Kim Jong-Un has good reasons to be afraid of us. In a speech to the UN President Trump threatened to “totally destroy” North Korea. President George W. Bush declared them a member of the “Axis of Evil”; we invaded and currently occupy Iraq, one of the two other supposed Evildoers. After deposing and enabling the execution of Iraq’s president. Last week Bush’s UN ambassador John Bolton published a legal argument for nuking North Korea without provocation.

信じようと信じまいと、これは米国外交政策の柔軟な側面である。

Believe it or not, this is the soft side of U.S. foreign policy.

何十年にも亘って韓国は北との関係を緊張緩和しようと試みて、しばしば、朝鮮戦争後決して終わることの無かった、正式な敵対関係を終わらせたく、単一の政府の下での統一朝鮮の長期の目標に迎いことをと表明して来た。そして何十年にも亘って米国はそれをじゃましてきたのであり、平和に反対しながら理屈に合うように見えるよう不器用に試みて来たのであった。国務省のスポークスマンが最近「我々は再統一を加速することを望まない」と言った。

For decades South Korea has tried to de-escalate its relationship with the North, not infrequently expressing its desire to end formal hostilities, which legally never ended after the Korean War, and move toward the long-term goal of a united Korea under a single government. And for decades the United States has stood in the way, awkwardly trying to look reasonable as it opposes peace. “We do not seek to accelerate reunification,” a State Department spokesman said recently.

最小限言うなら。

To say the least.

「南北対話は北朝鮮-米国関係と言い表せない程複雑に結びついている」と韓国の金大中大統領が、ブッシュが北との対話を断った後で、言った。北との国境線沿いに駐屯している2万人以上の米国軍人に依存している韓国も又再統一対話の中断を余儀なくされているのである。

“South-North talks are inextricably related to North Korea-United States relations,” South Korean President Kim Dae Jung said in 2001, after Bush canceled dialogue with the North. The South, dependent on more than 20,000 U.S. troops stationed along its northern border, was forced to suspend reunification talks too.

レーガン政権は1985年に同盟国である韓国に再統一対話を中断するようにと圧力をかけたのである。

The Reagan Administration pressured its South Korean ally to break off reunification talks in 1985.

ニクソンは同じことを1974年に行った。その年の後のニクソンの辞任の後ジェラルド・フォード大統領は米国軍を撤退させて国境を日軍事化する国連決議に反対したのである。

Nixon did the same thing in 1974. After Nixon’s resignation later that year, President Gerald Ford opposed a UN resolution to demilitarize the border by withdrawing U.S. troops.

合理主義氏のバラク・オバマでさえ韓国人達が平和を望み(北朝鮮に長く居残っている親類に会うために訪問すること)にも耳を貸すことを拒絶したのである。朝鮮戦争休戦60周年祈念を祝うのにオバマは戦闘犬を放つと脅迫したのである:「アメリカ合衆国は世界がかって経験したことも無い最強の軍隊を維持する、例外なしに、常に。それが我々のやることである。」オバマが決してやろうとしなかったことは、南北朝鮮が坐って両者の違いを解決することである。対話の前にオバマは「北朝鮮は非核化しなければならない」と言ったのである。その後、勿論、対話は必要ではなかった、そうだろう、政権すげ替えは面白いぜ!

Even Mr. Reasonable, Barack Obama, refused to listen to South Koreans who want peace (and to visit long-lost relatives in North Korea). Celebrating the 60th anniversary of the Korean War Armistice, Obama threatened to loose the dogs of war: “The United States of America will maintain the strongest military the world has ever known, bar none, always. That is what we do.” What Obama would not do was allow North and South Korea to sit down and work out their differences. Before talks, Obama said, North Korea would have to denuclearize. After which, of course, there would be no need for talks because, hey, regime change is fun!

正気の人ならこの点について尋ねるだろうが、何故米国政策担当者は繰り返し平和を望み一緒になりたいという二国を巡って第三次世界大戦の危機を望むのかと。私としては、地政学のシンク・タンク(思考集団)ストラトフォーの2007年の分析がベルトウェー(米政府)内で実際何が行われているかを説明するのに最も近いものでしょう:

Why, a sane person might ask at this point, would U.S. policymakers want to risk World War III over two countries that repeatedly say they want to make peace and get back together?For my money, a 2007 analysis by the geopolitical thinktank Stratfor comes closest to explaining what’s really going on inside the Beltway:
「基本的地球状況は簡単に述べられる。米国は圧倒的力を持っている。それはどんな競争相手も出てくるのを防止するためにその力を使っている。だからそれは政治的、経済的、軍事的レベルでの干渉に従事している。その他の諸国は米国を制限し統制したいとする。どの国家も一国でそれをすることはできないから、米国を封じ込めるために連帯を創造しようと常に試みる。今までの所これらの連帯は失敗に傾いて来た、何故なら米国の脅迫と褒章で潜在的連帯員がその連帯から出るように梃入れされるからである。

“The basic global situation can be described simply. The United States has overwhelming power. It is using that power to try to prevent the emergence of any competing powers. It is therefore constantly engaged in interventions on a political, economic and military level. The rest of the world is seeking to limit and control the United States. No nation can do it alone, and therefore there is a constant attempt to create coalitions to contain the United States. So far, these coalitions have tended to fail, because potential members can be leveraged out of the coalition by American threats or incentives.”

米国は地球の大撹乱者であり、三段階のプログラムをもっている。第一に、出てくる覇権者を封じ込め切り崩すために弱い諸勢力に援助を提供する。第二にそれらの諸勢力ともっと正式な諸手配をする。最後に、必要なら、ユーラシアに米国部隊の比較的少数を送って主要勢力を阻止しその地域を不安定化させる。例えば、イランは中東で出てくる覇権者である。米国は貿易制裁でイランを切り崩しサウジアラビアのような競争相手を援助して造り上げ、アフガニスターンやイラクの隣国に米国部隊を展開する。

The U.S. is the Great Global Disruptor. “As powers emerge, the United States follows a three-stage program. First, provide aid to weaker powers to contain and undermine emerging hegemons. Second, create more formal arrangements with these powers. Finally, if necessary, send relatively small numbers of U.S. troops to Eurasia to block major powers and destabilize regions.” For example, Iran is the emerging hegemon in the Middle East. The U.S. undermines Iran with trade sanctions, props up rivals like Saudi Arabia with aid, and deploys U.S. troops next door in Afghanistan and Iraq.

同様に米国は中国を不均衡にするために台湾を造り上げその地域に米国の新基地を作る。米国はパキスタンに対してはインドを、ロシアに対してはヨーロッパを駒に使う。

Similarly the U.S. keeps China off-balance by propping up Taiwan and setting up new U.S. bases in the region. We play India against Pakistan, Europe against Russia.

統一挑戦は新しい勢力中心を造出し、米国と太平洋環帯に新しい経済競争者を造出しうる。だから、米国は北朝鮮を(「全滅させる」)と脅迫し、韓国に(無料国境安全保障の)褒章を出す。

A united Korea would create a new power center, potentially a new economic rival, to the U.S. in the Pacific Rim. So the U.S. uses threats (“totally destroy”) against the North and incentivizes the South (free border security).

それが余りにも病的なので殆ど馬鹿げているほどだろう。南北朝鮮が見透かす日がとうとうやって来た。

It would almost be funny if it wasn’t so sick. Here’s to the day the two Koreas see through us.

ーーーーーーーーーーーー

コメント:独裁者・独裁国の我利我利亡者の奴隷になるか、独裁を廃して一切の覚醒・平等・平和・自由・自立を達成するように一切と協働するかである!エゴかエコか?破滅か創生か?!

Must Read 6   Well Said 5   Supported 5
View Ratings | Rate It

opednews.com

Ted Rall, a political cartoonist, is the author of “The Anti-American Manifesto.” He was born in Cambridge, Massachusetts in 1963, raised in Kettering, Ohio and graduated from Fairmont West High School in 1981. His first cartoons were published (more…)

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon Share Author on Social Media   Go To Commenting

The views expressed herein are the sole responsibility of the author and do not necessarily reflect those of this website or its editors.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中