平和の詩「生きる」 Poem for Peace: “Live”

沖縄慰霊の日

平和の詩「生きる」全文

毎日新聞2018年6月23日 12時43分(最終更新 6月23日 22時37分)

社会一般
沖縄県
沖縄戦
平和を考える
速報
社会
Play Video

https://mainichi.jp/articles/20180623/k00/00e/040/310000c

沖縄全戦没者追悼式で「平和の詩」を朗読する相良倫子さん=沖縄県糸満市で2018年6月23日、津村豊和撮影
「生きる」

【写真特集】沖縄戦 「鉄の暴風」死者20万人
【動画】「平和とは、あたり前にいきること」
https://mainichi.jp/articles/20180623/k00/00e/040/310000c
<写真特集>沖縄慰霊の日:曽祖母の体験聞き「命よ響け」 詩を朗読
<毎日おんぶしていた赤ん坊の妹は泣き声すら発せず力尽きた>
<糸数慶子・参院議員「沖縄の問題は日本全体の問題だ」>
<安倍首相、今年も「辺野古」触れず>
沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子

 

私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

 

私は今、生きている。

 

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。

 

私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。

 

ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。

 

私はこの瞬間を、生きている。

 

この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。

 

たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

 

七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

 

みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

 

摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。

 

私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。

 

あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。

 

今を一緒に、生きているのだ。

 

だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

 

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。

 

大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

 

これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。

 

摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。

 

 

I am alive.

Treading the great earth, transmitting the heat of the mantle,

Receiving the wind, impregnated with comfortable dampness, in the whole body,

Sensing the smell of the grass in the nostrils,

Listening to the sound of the sea coming from afar.

 

I am alive now.

 

What a beautiful island this is

Where I live!

The sea shining blue,

The wave glittering into splashes, dashing against the rock,

The neighing of a goat,

The babbling of a brook,

The path leading to farmland,

The budding green of the mountain,

The gentle sound of the Sanshin,

The light of the shining sun.

 

What a beautiful island,

Where I was born and raised!

 

I feel the island with all my senses and sensitivity.

My heart grows increasingly warm.

 

I am alive at this moment.

 

The splendor of this moment,

The affection of this moment,

Becoming a comfort of the now,

Is spreading within me.

 

How should I express this feeling

That is welling up unbearably?

Dear now,

Irreplaceable now,

The now where I live!

 

Seventy-three years ago,

That day my beloved island was transformed into an island of death,

The chirping of birds changed into screams of fear.

The gentle sounding Sanshin disappeared in the roaring of the bombing.

The great expansive blue sky disappeared in the rain of iron.

The smell of the grass was muddied with the smell of the dead,

The surface of the shining sea was filled with battleships.

The flame blowing out from the flamethrower, the crying of small children,

People’s homes burned out, the smell of gunpowder.

The earth shaken by the landing bombs, the sea dyed with blood,

People changing their appearance, becoming like demons and monsters,

Memories of a fierce battle in the screaming and shrieking.

 

Everyone was alive.

It was life living desperately – nothing different from me,

They imagined their lives, their respective futures,

With no doubt.

They had their families, their friends, and their lovers,

Their jobs, their life values.

They were delighted with their daily little happinesses.

They were the same human beings as I, having lived with others hand in hand.

And yet,

They were destroyed and deprived,

Just because the era they lived was different, only because of that,

Their innocent lives, those days that were lived as ordinary.

 

The Hill of Mabuni, a gentle ocean expanding under the eyes,

All of this island, sad, and unforgettable.

I firmly grip my hands and swear.

I swear from the bottom of my heart,

With my heart reaching the lives deprived.

 

So long as I live,

I absolutely will never allow war, which sacrifices so many lives,

Will never, ever make the past a future,

And will aim at a world of peace among all people, beyond nationality, beyond race,

Beyond religion, beyond all kinds of interests,

To live, to be able to cherish life,

To create a world unviolated by anyone,

To never give up the effort to create peace.

 

You will feel, also,

The beauty of this island.

You will know, also,

The sorrow of this island.

And you, also,

Live this same moment as I.

 

You live together with the now.

 

Therefore, you must surely understand

The meaninglessness of war, true peace,

Not with your brains, but with your hearts.

There is actually no peace gained

By having the foolish power of military power.

Peace is to live the life of course,

To let life shine in its fullness.

 

I am alive now,

Together with everyone.

And I will live from now on,

Dearly and carefully day by day,

Thinking of peace, praying for peace,

Because the future is

On the extending line of this moment,

In other words, the future is now!

 

My favorite island,

A proud people’s island.

And all the lives that live on this island.

I am living my life with me, my friends, my family.

 

Let’s continue living together from now on also.

From this beautiful homeland surrounded by this blue.

Let’s transmit our message of true peace.

Each person standing up,

Let’s each one of us rise up

And walk the future with everyone.

 

 In the winds of the hill of Mabumi,

My life is ringing, blowing,

The resonance of past, present, and future.

Let the requiem reach the past of sorrow!

Let life reverberate

In the future we live in!

I live in this very now!

 

(translated by Rosan Yoshida revised by Erin Davis)

「生きる」 沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子   私は、生きている。 マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、 心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、 草の匂いを鼻孔に感じ、
 
MAINICHI.JP|BY 毎日新聞
 
 
 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中