世界憲法歩き(飛翔?):週刊金曜日「憲遊記」

週刊金曜日は現代の問題に鋭く切り込んでいますが、2018年4月27日発行の週刊金曜日は憲法特集号でした。

その中に、伊藤千尋さんの「『9条の碑』を歩く」というレポートがありました。
日本国憲法9条の全文を刻んだ石碑が全国に少なくとも18もあるとのことです。しかも、そのうち7個が沖縄にあります。そのどれも独特で魅力あるモノですが、読谷村の石碑には「世界中が9条の精神で満ちることを信じよう」と刻まれています。
そのレポートに続き、本誌の連載マンガ「さらん日記」でおなじみのさらんさんが「憲遊記」(案内役は国際ジャーナリスト伊藤千尋いとうちひろさん、筋斗雲同乗は漫画家さらんさん)、という、新連載マンガを8ページにわたって読者の目を牽いてます。大変わかりやすく、9条の碑などについて画かれています。その後、このマンガは2018年7月13日号まで10回にわたって特色ある諸国の憲法を筋斗雲に乗って飛び回り紹介しいています。
読みたい方は4月号にさかのぼって定期購読されることをお勧めします。きっと知らなかったことも多く、更に調べて見たい、その国の憲法を読んでみたいと思いに駆られることでしょう。大きな視野と心の篭った絵は誰でもが興味をもって引き込まれ理解できるものですから、できればお子さんたちお友達にも勧めてもらったら憲法についての理解が進み現在・未来の人類・生類への大きな貢献になるでしょう。

                          大塚 卿之

 

 

『週刊金曜日』2018年4月27日(No.1182)号より転載許可を得て転載

(感謝・・・声援を送ります)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中