Is factory farming to blame for coronavirus?

要旨:ウィルス感染症は工場農業による自然侵入(動物との接触・伝統食を追い出し)・大量生産(豚・鳥などの大量飼育・生産・感染容易拡大)・食習慣(肉食)・生活習慣(肉食・工場農業・企業・政治・疫病・惨禍・大衆)による。(最後結論部日本語翻訳あり)

Is factory farming to blame for coronavirus?

Scientists are tracing the path of Sars-CoV-2 from a wild animal host – but we need to look at the part played in the outbreak by industrial food production

A Chinese poultry farm. China stepped up surveillance after bird flu outbreaks.
 A Chinese poultry farm. China stepped up surveillance after bird flu outbreaks. Photograph: China Photos/Getty Images

Where did the virus causing the current pandemic come from? How did it get to a food market in Wuhan, China, from where it is thought to have spilled over into humans? The answers to these questions are gradually being pieced together, and the story they tell makes for uncomfortable reading.

Let’s start at the beginning. As of 17 March, we know that the Sars-CoV-2 virus (a member of the coronavirus family that causes the respiratory illness Covid-19) is the product of natural evolution. A study of its genetic sequence, conducted by infectious disease expert Kristian G Andersen of the Scripps Research Institute in La Jolla, California, and colleagues, rules out the possibility that it could have been manufactured in a lab or otherwise engineered. Puff go the conspiracy theories.

The next step is a little less certain, but it seems likely that the original animal reservoir for the virus was bats. Andersen’s team showed – like the Chinese before them –that the sequence of Sars-CoV-2 is similar to other coronaviruses that infect bats.

Share your stories

If you have been affected or have any information, we’d like to hear from you. You can get in touch by filling in the form below, anonymously if you wish or contact us via WhatsApp by clicking here or adding the contact +44(0)7867825056. Only the Guardian can see your contributions and one of our journalists may contact you to discuss further.

Since other bat coronaviruses have transited to humans via an intermediate animal host, it seems likely that this one did too. That animal was probably one that some Chinese people like to eat, and that is therefore sold in “wet” markets (those that sell fresh meat, fish, seafood and other produce). This animal may have been the scaly mammal called a pangolin. That can’t be conclusively proved, but several groups have found sequence similarities between Sars-CoV-2 and other coronaviruses that infect pangolins.

If this is indeed the route the virus took to humans, it has two critical interfaces: one between us and the intermediate host, possibly a pangolin, and one between that host and bats. Most of the attention so far has been focused on the interface between humans and the intermediate host, with fingers of blame being pointed at Chinese wet markets and eating habits, but both interfaces were required for the pandemic to ignite. So where and how did the spillover from the bat to the pangolin – or other wild or semi-wild intermediate host – occur?

“Our study does not directly shed light on the geographical origin of the virus,” says Andersen. “However, all the available evidence shows that it was inside China.”

Case closed then, and President Trump is right to call Sars-CoV-2 the “Chinese virus”. Well, no, because if you want to understand why this pandemic happened now and not, say, 20 years ago – since Chinese people’s taste for what we in the west consider exotic fare is not new – you have to include a number of other factors. “We can blame the object – the virus, the cultural practice – but causality extends out into the relationships between people and ecology,” says evolutionary biologist Rob Wallace of the Agroecology and Rural Economics Research Corps in St Paul, Minnesota.

The closed Huanan Seafood Wholesale Market in Wuhan, in China’s Hubei Province, in January.
Pinterest
The closed Huanan Seafood Wholesale Market in Wuhan, in China’s Hubei Province, in January. Photograph: Noel Celis/AFP via Getty Images

Starting in the 1990s, as part of its economic transformation, China ramped up its food production systems to industrial scale. One side effect of this, as anthropologists Lyle Fearnley and Christos Lynteris have documented, was that smallholding farmers were undercut and pushed out of the livestock industry. Searching for a new way to earn a living, some of them turned to farming “wild” species that had previously been eaten for subsistence only. Wild food was formalised as a sector, and was increasingly branded as a luxury product. But the smallholders weren’t only pushed out economically. As industrial farming concerns took up more and more land, these small-scale farmers were pushed out geographically too – closer to uncultivable zones. Closer to the edge of the forest, that is, where bats and the viruses that infect them lurk. The density and frequency of contacts at that first interface increased, and hence, so did the risk of a spillover.

It’s true, in other words, that an expanding human population pushing into previously undisturbed ecosystems has contributed to the increasing number of zoonoses – human infections of animal origin – in recent decades. That has been documented for Ebola and HIV, for example. But behind that shift has been another, in the way food is produced. Modern models of agribusiness are contributing to the emergence of zoonoses.
Take flu, a disease that is considered to have high pandemic potential, having caused an estimated 15 pandemics in the past 500 years. “There is clearly a link between the emergence of highly pathogenic avian influenza viruses and intensified poultry production systems,” says spatial epidemiologist Marius Gilbert of the Université Libre de Bruxelles in Belgium.

A pangolin, the scaly mammal thought to be a possible intermediate host for the coronavirus.
Pinterest
A pangolin, the scaly mammal thought to be a possible intermediate host for the coronavirus.

The reasons, many of which were documented in Wallace’s 2016 book Big Farms Make Big Flu, include the density with which chickens, turkeys or other poultry are packed into factory farms, and the fact that the birds in a given farm tend to be near genetic clones of one another – having been selected over decades for desirable traits such as lean meat. If a virus gets introduced into such a flock, it can race through it without meeting any resistance in the form of genetic variants that prevent its spread. Both experimental manipulations and observations in the real world have demonstrated that this process can result in a ratcheting up of the virus’s virulence. If it then spills over into humans, we are potentially in trouble.

In a paper published in 2018, Gilbert’s group reviewed historical “conversion events”, as they call them – when a not-very-pathogenic avian flu strain became much more dangerous, and found that most of them had occurred in commercial poultry systems, and more frequently in wealthy countries. Europe, Australia and the US had generated more of them than China.

That doesn’t let China off the hook. Two highly pathogenic forms of avian flu – H5N1 and H7N9 – have emerged in that country in recent decades. Both infect humans, though not easily (yet). The first human cases of H7N9 were reported in 2013, and there were small annual outbreaks thereafter. But, says Gilbert, “nothing was done until the virus turned out to be pathogenic for chickens as well. Then it became an important economic issue and China started to mass-vaccinate its poultry against H7N9, and that ended the transmission to humans.”

A banner reading “We are all pangolins” hangs on a balcony in Bordeaux, France
Pinterest
A banner reading ‘We are all pangolins’ hangs on a balcony in Bordeaux, France. The entire country has been on coronavirus lockdown since 16 March. Photograph: Nicolas Tucat/AFP via Getty Images

China is one of the world’s major exporters of poultry, but its poultry industry is not wholly Chinese-owned. After the recession of 2008, for example, New York-based investment bank Goldman Sachs diversified its holdings and moved into Chinese poultry farms. So if China has its share of responsibility for spillover events, it isn’t alone. That is why Wallace insists on talking about relational geographies rather than absolute geographies, when it comes to identifying the causes of disease. Or as he puts it: “Follow the money.”

Not everybody sees a straightforward link between factory farming and new and dangerous forms of flu. Michael Worobey, an evolutionary biologist at the University of Arizona, points out that before they were brought into factory farms, poultry were kept outside. The factory model may ramp up virulence, he says, but it probably protects a flock from being infected by a virus in the first place.

Still, Worobey doesn’t doubt that farming and other human-animal interactions have shaped our disease ecology. His group collects the sequences of flu viruses from a range of animal hosts, including humans, and plots them on a family treeto try to understand how flu has evolved over time. Flu is constantly mutating – that’s the reason the seasonal flu vaccine has to be updated each year – but it mutates at different rates in different hosts, which means that his flu family tree is informative both about the parentage and intermediate host of each strain and about the approximate timing of past spillover events.

It’s possible – though by no means certain – that flu first became a disease of humans after the Chinese domesticated ducks about 4,000 years ago – drawing that animal reservoir into human communities for the first time. But humans can also catch flu from, and give flu to, pigs – another animal we have lived alongside for millennia. A few years ago, Worobey suggested – controversially – that birds might not always have been the main intermediate host for human flu viruses. Until about a century ago, he reported, people may have caught flu from horses. Around the time that motor vehicles supplanted horses as transport, poultry farming was expanding in the western hemisphere, and it’s possible, Worobey argued, that birds then took over as the main intermediate host of flu for humans.

 

インフルエンザはー確定している訳ではないがー中国人が約四千年前に鴨を、最初にその動物貯蔵を人間の共同体に持ってきて、家畜化した後に人間の病気となったということは、有り得ることである。しかし人間は何千年を一緒に生活してきた他の動物である豚からインフルエンザを得たり与えたりできる。数年前ウォロビーはー議論のあるものだがー人間のインフルエンザ・ウィルスは必ずしも鳥だけが主要な中間宿主ではなかっただろうと示唆している。彼の報告では、約一世紀前までは馬からインフルエンザを得ていたかも知れない。運搬の為の馬が自動車に代わった頃、鶏の飼育が西半球で拡がり、鳥が人間のインフルエンザの中間宿主になった可能性がある、とウォロビーは論じている。

 

Not everyone buys that scenario. Wendy Barclay, a virologist at Imperial College London, says that if horses were once the main intermediate host for flu, “most avian viruses would contain the mammalian adaptation”, and they don’t. David Morens of the US National Institute of Allergy and Infectious Diseases in Bethesda, Maryland, thinks that it is more likely that the horse was a temporary detour, and that the main intermediate host of flu for humans has always been birds – especially wild ones. But all agree that humans have shaped these host-pathogen relationships, through our use of land and other animal species. And as Worobey points out, the sheer size of the human population today means that in the 21st century, we are doing so on an unprecedented scale. He estimates, for example, that domesticated ducks probably outnumber wild ones by now.

皆がそのシナリオに賛成している訳ではない。ロンドン帝国大学の細菌学者ウェンデイ・バークレーは「馬がインフルエンザの中間宿主であったなら鳥ウィルスは哺乳類適応性を持つであろう」が、そうではないとする。メリーランドのべテスダにある米国国立アレルギー・感染症研究所のデーヴィッド・モーレンスは馬は一時的回り道らしく、人間のインフルエンザの中間宿主は常に鳥ー特に野生のものーであったと考えて居る。しかし皆、人間が土地と他の動物種の利用によって宿主ー病原体関係を形成してきたことに同意している。そして、ウォロビーが指摘するように、人間のまさしくその今日の人口が、21世紀には未曾有のスケールでそうすることになるのである。彼は、例えば家鴨は今や野鴨の数を多分越している、と推測する。

Traders selling bat meat at a market in Tomohon City, Indonesia.
Pinterest
Traders selling bat meat at a market in Tomohon City, Indonesia. Photograph: Ronny Adolof Buol/Sijori Images via Zuma Wire/Rex/Shutterstock

And we’re not just talking about birds. Gilbert believes a ratcheting up of viral virulence is happening in pig herds, too. Porcine reproductive and respiratory syndrome (PRRS), a disease of pigs that was first described in the US in the late 1980s, has since spread to herds across the world and strains detected recently in China are more virulent than the early American ones. 2015 study carried out by Martha Nelson of the US National Institutes of Health and colleagues mapped the genetic sequences of swine flu viruses and found that Europe and the US – the largest global exporters of pigs – are also the largest exporters of swine flu.

しかも我々は鳥だけについて話しているのではない。ギルバートはウィルス毒性の増加は豚の群れでも起きつつあると信じている。1980年代後半に合衆国で初めて述べられた豚の病気、豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)は世界中の群れに広まり中国で最近検出された種はアメリカのものより毒性が強いのである。米国国立健康研究所のマルタ・ネルソンと同僚達が行った2015年の研究では、豚インフルエンザ・ウィルスの遺伝子配列の地図を作り、豚の最大の地球的輸出者であるヨーロッパと合衆国がまた最も多くの豚インフルエンザの輸出者でもあることを発見したのである。

There have been claims on social media, sometimes posted by vegans, that if we ate less meat there would have been no Covid-19. Interestingly, some of these have been blocked by mainstream news organisations as “partly false”. But the claims are also partly true. Though the links they draw are too simplistic, the evidence is now strong that the way meat is produced – and not just in China – contributed to Covid-19.

ソーシャル・メディアで、時にはベーガンが投稿して、肉食をへらせばCOVID-19は無かっただろうと。面白いことにこれらのいくらかは主要ニュース組織げ「部分的に誤り」として阻止された。しかしその主張は「部分的に真実」である。彼らが描く関連性は単純過ぎるが、肉の生産方法ー中国のみならずーがCOVID-19を生み出した証拠は強い。

It is clear that to prevent or at least slow the emergence of new zoonoses, as Fearnley and Lynteris have argued, China’s wet markets will need to be better regulated. But we also need to look behind those markets, at how our food is produced globally.

新しい人畜共通伝染病の勃発を防ぎあるいは少なくとも遅くするには、ファーンレイとリンターズが論じたように、中国の生鮮食料市場をもっと良く管理する必要がある。しかし我々はその市場の背後を見る必要がある、地球的にどのように食料が生産されているかを。

Though it may not feel like it now, Wallace says, we have been lucky with Sars-CoV-2. It appears to be far less lethal that either H7N9 – which kills around a third of those it infects – or H5N1, which kills even more. This gives us an opportunity, he says, to question our lifestyle choices – because chicken isn’t cheap if it costs a million lives – and vote for politicians who hold agribusiness to higher standards of ecological, social and epidemiological sustainability. “Hopefully,” he says, “this will change our notions about agricultural production, land use and conservation.”

今はそう感じないかもしれないが、ウォレスが言うように、サーズCoV-2では幸運だった。それはH7N9は感染者の三分の一が死亡し、H5N1ではそれより多かったのに比べれば、遥かに毒性が小さかったのである。これは、彼が言うように、我々の生活様式を疑問視する好機を与えてくれるーもし百万人も犠牲にするとすれば鶏は安くなく、アグリビジネスをもっと生態的、社会的、疫学的に高い水準にする政治家に投票することになるだろう。「願わくは、これが農業生産m、土地利用、そして維持可能性についての我々の考え方を変えてくれることを。」と彼は言っている。

権力の不正義を許さない:署名ご協力下さい‼

(署名・拡散希望):
森友事件で自死された赤木さんの夫人が悲劇を
繰り返さぬ為署名運動を始められましたので、
皆様のご協力をお願いします(以下サイトで):
これに関する情報を下記にお報せしています:

「縁の下の力持ち」大尊さんにサンタユー‼

                              オゾン

「縁の下の力持ち」大尊さんにサンタユー‼

サンキュー

 

 

みなさま
こんにちは。
西山進さん、このメーリングリストにお入りくださって
うれしいです。
週刊金曜日の今週のボツネタです。よろしかったらご笑覧
くださいませ。
西岡由香

 
Attachments area

 

1.jpg
ーーーーー

 

由香さん、みなさん
笑いにもいろいろあって「ほほえましい」
というのが一番優雅なものと思いますが、
理解しないなら、他に投稿されては如何?
(どこも判らんというなら「世界平和」と
「地球倫理」で頂戴しますよ!-サンタさ
んが臨機応変にサービスしてコロナ惨禍で
陰鬱になっている世界にはなさかじいさん
になり、自宅軟禁状態の人々に「蝶来たる
時花開く」、人類の狂騒が止んでオゾン層
が一切生類の為に地球温暖化問題解決して
くれるのですから、両ブログにピッタリで
す!)
贅沢・便利で自然界・生命圏に侵入・破壊
して来からこの疫病大流行も、地球温暖化
や種の大漁絶滅、終末時計100秒前の核兵
器・原発事故の核危機と起こしているわけ
ですから、自然と調和した生活や生命圏の
一切衆生や山川草木・空気・オゾンなどの
働きに感謝することが必要ですね。
危機を好機に変えるという視点から書いた
当方ノートをご紹介します。安倍は非常事
態を作りだして特措法を発令しそうですが、
本当の大人になって八つの項目を守っても
らいたいものです:
https://buddhism869196463.wordpress.com/2020/03/25/%e5%8d%b1%e6%a9%9f%e3%81%8b%e3%82%89%e5%a5%bd%e6%a9%9f%e3%81%b8%ef%bc%9afrom-crises-to-opportunities/

 

魯参
www.heiwasekai.org
www.missourizencenter.org

www.global-ethics.org

 

ーーーーー
魯参さん、
ゆかさんのマンガの意味をまっとうにくみとってくださいましたね。
わたしも同感です。
まあね、これをボツにしたひと(複数?)のきもちもわかるんですね。
わたしも、一度目は朝日新聞への投稿を「夕刊向きではない」とボツにされ、
新潮社の文庫解説でも「過激すぎる」とボツにされたことをおもいだします。
そういえば、角川の国語辞典の外国文学の担当をしていたときも、
「辞書向きでない」という理由でボツになった原稿がいくつかあった。
ボツにする側には、それぞれ、理由があるんです。
ゆかさんのこの作品、わたしは好きです。
ひこ
ーーーーー
魯参さん、ひこさん、みなさま
こんにちは。マンガごらんくださってありがとうございました。
4コママンガはいくつか案を送って、その中から編集者さんに
選んでもらうのですが、今回は辺野古ネタが採用になり
こちらにお送りしたオゾンとサンタのネタはボツになった
次第です。もし魯参さんのところに載せていただけるなら
うれしいです!
西岡由香

 

ーーーーー

 

由香さん、ひこさん、みなさん

由香さん
別案が採用されていたのですねー良かった‼
早速転載させてもらいました(「仏教」にも):
地球倫理:
世界平和:
仏教:
ひこさん
成程!別案(変更)を考えたら良かったですね。

 

 

母子に捧ぐ鎮魂華:大空襲下子を救う必死努力:Requiem Flowers to Mother/Baby Air-raided

5時間前

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、自然、屋外

貫井 れい子さんのFBより転載(写真・引用記事)

【花があったら】
.
昭和二十年三月十日の(東京)大空襲から三日目か、四日目であったか、
私の脳裏に鮮明に残っている一つの情景がある。
.
永代橋から深川木場方面の死体取り片付け作業に従事していた私は、無数とも思われる程の遺体に慣れて、一遺体ごとに手を合わせるものの、初めに感じていた異臭にも、焼けただれた皮膚の無惨さにも、さして驚くこともなくなっていた。
.
午後も夕方近く、路地と見られる所で発見した遺体の異様な姿態に不審を覚えた。
.
頭皮が焼けこげ、着物が焼けて火傷の皮膚があらわなことはいずれとも変わりなかったが、倒壊物の下敷きになった方の他はうつ伏せか、横かがみ、仰向きがすべてであったのに、その遺体のみは、地面に顔をつけてうずくまっていた。
.
着衣から女性と見分けられたが、なぜこうした形で死んだのか。
.
その人は赤ちゃんを抱えていた。
.
さらに、その下には大きな穴が掘られていた。
.
母と思われる人の十本の指には血と泥がこびりつき、つめは一つもなかった。
.
どこからか来て、もはやと覚悟して、指で固い地面を掘り、赤ちゃんを入れ、その上におおいかぶさって、火を防ぎ、わが子の生命を守ろうとしたのであろう。
.
赤ちゃんの着物は少しも焼けていなかった。
小さなかわいいきれいな両手が母の乳房の一つをつかんでいた。
.
だが、煙のためかその赤ちゃんもすでに息をしていなかった。
.
わたしの周囲には十人余りの友人がいたが、だれも無言であった。どの顔も涙で汚れゆがんでいた。
.
一人がそっとその場をはなれ、地面にはう破裂した水道管からちょろちょろこぼれるような水でてぬぐいをぬらしてきて、母親の黒ずんだ顔を丁寧にふいた。
.
若い顔がそこに現れた。
.
ひどい火傷を負いながらも、息のできない煙に巻かれながらも、苦痛の表情はみられなかった。
.
これは、いったいなぜだろう。美しい顔であった。
.
人間の愛を表現する顔であったのか。
.
だれかがいった。
.
「花があったらなあーー」
.
あたりは、はるか彼方まで、焼け野原が続いていた。
.
私たちは、数え十九才の学徒兵であった。
.

学徒兵で被災処理班として働いていた須田卓雄さんによる
1970年12月29日付朝日新聞の記事(ブログ「はなももの別館」さんより)

私の好きな睡蓮のお花、一生懸命探してきました。

 

ーーーーー

 

【If only there were a flower】

 

 

There is one scene that remains vividly in my mind, an experience from three or four days after the Tokyo Mega Air Raid on March 10, 1945.

 

I, engaged in collecting and disposing of dead bodies from the Eidai Bridge to Kiba, Fukagawa, had become numb to the abnormal smell and misery of burnt skin, and was beginning to feel accustomed to corpses thought to be numberless, even though I put my palms together in prayer for each dead body.

 

But a strange feeling arose when, in the afternoon, close to evening, on what was thought to be a lane, I came upon the unusual posture of a corpse.

 

That corpse, though similar to the others, with the head’s burnt skin and with exposed burnt skin showing through burnt clothing, was crouching with its head touching the ground, whereas the others, except those under destroyed structural materials, were prone on the stomach or back, or on one side with the body bent.

 

It was found to be female from the clothing, but why such a posture in death?

 

The person was holding a baby.

 

Further, a big hole had been dug.

 

All ten fingers of what must have been the mother had blood and mud stuck to them, no nails at all.

 

It looked like she had come from somewhere, knowing her end, dug into the hard ground with her fingers, and put her baby in, covering it to protect its life from the fire.

 

The baby’s clothes were not burnt at all.

Both pretty clean hands grasped one of the mother’s breasts.

 

But the baby had already stopped breathing, perhaps from the smoke.

 

There were more than ten people around me, but none had any words. All faces were smeared with tears and distorted.

 

One of us left the place, wet a handkerchief with water trickling from a broken water supply tube, and brought it back to carefully wipe the blackened face.

 

A young face appeared there.

 

There was no expression of pain, despite the heavy burns and choking smoke.

 

Why was that? It was a beautiful face.

 

Was it the expression of human love?

 

Someone said,

 

“If only there were a flower!”

 

There were only burntdown fields, stretching far, far into the distance.

 

We were student soldiers of nineteen (counting birth as one).

 

By Takuo Suda, one of student soldiers who worked in a disposal group serving devastated areas.

 

FB post by Ms. Reiko Nukui, sharing the Asahi News article dated December 29, 1970, that appeared on the blog “Annex to Flowering Peach.” Ms. Kinui searched for flowers to offer to the mother and her baby.

 

                                                                   Translated by Rosan Daido, edited by Erin Daiho.

 

 

緊急事態条項が自民壊憲の本丸:ナチ真似‼

FB:https://www.facebook.com/watch/?v=1029231717275285

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=YmiHaPUE9R8

 

緊急事態特措法反対声明と署名にご協力(署名・拡散)をお願いします:

 声明:

 https://globalethics.wordpress.com/2020/03/08/%e3%80%8c%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e7%ad%89%e5%af%be%e7%ad%96%e7%89%b9%e6%8e%aa%e6%b3%95%e3%80%8d%e6%94%b9%e8%a8%82-%e3%81%ab%e5%8f%8d-2/

署名:

http://chng.it/YpBgtDhp

アメリカの夢へのレクイエム:Requiem for the American Dream (Noam Chomsky)

OpEdNews Op Eds 2/29/2020 at 22:02:18 H4’ed 2/29/20
Requiem for the American Dream
By Noam Chomsky (Page 1 of 2 pages) (View How Many People Read This) No comments
Become a Fan
(6 fans)

https://www.opednews.com/…/Requiem-for-the-American-D-by-No…

https://youtu.be/hZnuc-Fv_Tc

(以下の要約英文の日本語訳)

チョムスキーが、(無料)ユーチューブのドキュメンタリーで、人々がアメリカを横理個人的未来への希望を語った1950年代から多くの人々が世界の舞台でのアメリカの役割を恥ずかしく思い個人的に栄える何の希望も見いだせない現在までのアメリカの経済について語る。

アリストテレス、アダム・スミス、ジェームス・マジソン以来、政府の哲学は民主化と大衆が富裕層・優遇階級の富の蓄積を襲撃するのではないかとの恐怖の綱引きであった。
早期には優遇階級は文化的なインテリであり諸文化芸能のパトロンであった:今日彼らは戦争指導者であり寡頭者である。
富の集中は政治方針に影響し、これは富の集中に導く:惡の循環である。
経済の金融化:製造品創造による貨幣造成の国から金融、マーケティング、保険、情報技術と娯楽に集中した経済の国へ。
労働コストを低くして米国企業を競争可能にする目標で労働者の不安定を公言する連邦銀行総裁。
1950年代の労働力の30%から今日の7%への労働組合破壊。
富裕層課税から労働者階級課税への課税政策の斬新的移行。

(追加:● 社会保障崩壊、例えば公立学校・無料教育が崩壊している:社会基礎の崩壊:学生への過重負担。)

統制撤廃は不安定化を創り出し、これは我々の大規模企業の失敗に導いている。
これらの会社が賭けに勝てば利益を得ると知って愚劣な危険を冒し、負けた時には議会が救出する。それらは「倒産するには大き過ぎる」と言うのである。
選挙への無制限の金による影響を合法化する、企業の人格化(企業の宣伝・寄付など)。
消費者行動を突き動かし労働者の連帯を抑圧するマスコミ使用。
メディアの政治的操作は経済の操作よりもっと悪い。レーガンが純粋なイメージ操作の基盤による選挙で選ばれた最初の大統領であった。オバマはそのゲームを更に進めた。
チョムスキーは「我々は未だ十分な自由を持ち、もし組織化すれば、権力を持てる」という挑戦の言葉でこれを閉じている。

“これは歴史的記録に究極的に書き込まれる偉大な瞬間の基礎となる名もなき人々の無数の小さな行動に我々の注意を向けるべき呼びかけである。」ハワード・ジン

In a (free) Youtube documentary, Chomsky narrates the changes in the American economy from the 1950s, when the people were proud of America and hopeful for their personal futures, to the present, when many are ashamed of America’s role on the world stage, and see no opportunities for them to thrive personally.

Since Aristotle and Adam Smith and James Madison, philosophy of government has been a tug-of-war between democratization and a fear that the masses would raid the stockpiles of the wealthy, privileged class

In earlier times, the privileged class was also the literate intelligentsia and patrons of the arts; today they are warlords and oligarchs.

Concentration of wealth leads to influence over government policies leading to concentration of wealth: vicious cycle.

Financialization of the economy, from a country that made its money by creating manufactured goods to an economy centered on finance, marketing, insurance, information technology, and entertainment

Off-shoring of manufacturing jobs

A Fed Chariman who speaks openly of insecurity of the worker as a goal, keeping labor costs down to keep American companies “competitive

Union-busting, from 30% of the labor force in the 1950s to less than 7% today

Tax policy has gradually shifted from taxing the wealthy to taxing the working class

Deregulation creates instability, which leads to failures of some of our biggest companies

These companies take ridiculous risks knowing they will profit when they win the bet, and that Congress will bail them out when they lose. They are “too big to fail”

Corporate personhood, legalizing unlimited monied influence over elections

Mass media used to goose consumer behavior and suppress worker solidarity

Political manipulation through the media is even worse than economic manipulation. Reagan was the first president elected on the basis of a pure image management. Obama took that game even further.

Chomsky closes with a challenge: We still have enough freedoms and we have the power, if we organize.

“This is a call to focus our attention on the countless small actions of unknown people that are the foundation for those great moments that ultimately enter the historical record.” –Howard Zinn

REQUIEM FOR THE AMERICAN DREAM is the definitive discourse with Noam Chomsky, widely regarded as the most important intellectual alive, on the defining chara…
このウェブサイトについて

YOUTUBE.COM
REQUIEM FOR THE AMERICAN DREAM is the definitive discourse with Noam Chomsky, widely regarded as the most important intellectual alive, on the defining chara…

平和・民主主義の為に一人一人立ち上がろう‼

(共有・転載希望):以下は金野 奉晴さんの講演・街宣・スタンデイング・FBなどの活動:

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、帽子

投票率挙げるの戦略講演

 

画像に含まれている可能性があるもの:犬、屋外、自然

一緒に立つココちゃん

金野さんのFBサイト:https://www.facebook.com/tomoharu.konno.50?epa=SEARCH_BOX

 

 

投票率アップ講演のビデオ YouTube:

全国行脚講演依頼やスタンでイング・街宣を応援しよう‼

 

 

 

新宿走行・停車街宣

 

 

金野.jpg

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外

9時間前 ·
1717日目の独りスタンディング+全国の皆さん‼️✌️
今朝は新宿駅西口小田急百貨店前です。自立型の自撮り棒にブルートゥース機能が付いていたので試してみたら撮れました
今日から1枚パネルを増やしました。ホワイトボードにマーカーで書けるので「ヤバイヨ ヤバイヨ 戦争がそこまで来てるよ」と書きました。
Happy非戦カフェ😌本日のランチメニューは「点滴石を穿つというイメージを持てれば、継続は辛くない定食」です。~📢🚗 🎵

 

71あなた、吉田 由美子、渡辺正、他68人
コメント7件
シェア7件

 

ーーー

Rosan Daido 往な往な(1717)とトモ「点滴の穿つイシ」:往な往なとトモ水ジェットパネル切る:往な往なと戦争止めにトモとトモ

 

ーーー

岩田亨 お疲れ様でした。

 

ーーー

三浦美佳 インパクトあります🎵🎵

金野 奉晴さん返信:三浦美佳 さん、ありがとうございます😉👍🎶
非表示または報告

ーーー

Rosan Daido 超人が首都に現る救国に:目があらば見よ真善美聖までも:喰う為に生きるを止めて生きてクエ:金奴隷い命主人と天地の差:地獄の生天国の死に劣るなり

 

ーーー

戦争の真実の反省・悔悟・謝罪・行動とは何か

 

ひこさん
 みやこです。他MLですが、私の教育実践について褒めていただき、
ありがとうございました。
 こちらのMLに投稿したのは、このひこさんの、とっても大切な指摘
のメールだったのに、次々と考えなければならないことが多すぎて、返
信し損ねていたので、ついでに(笑)ここで書かせていただきました。
 日本政府は「ほんとうは、一度も『あやまって』などいない。『謝罪』

という言葉にかなうのは、ドイツのポーランドに対する大統領・首相の

謝罪の言葉のなかにあった『あれはドイツの犯罪行為でした』といった、
過去の歴史的事実を明確に踏まえたものだけです。日本国の政府は、むか
しもいまも、一度だってこのような明確な『謝罪』などしていない。」!!!
 ハッとしました。本当にそうですよね! あのツアーで会った「慰安婦問
題だって、何度、謝ればいいのかしらね?」と言った女性には、ズバリ、こ
う言ってさし上げるべきでした…
 とても、性格の良さそうな品のある方でしたので…72歳と言ってらっしゃ
ったかな…正確な情報を知られたなら、きっと、正確な判断を下せるでしょ
うに「法的にきちんと謝罪しなくちゃ」という説明では、ちょっとダメでし
た。
 それで、このメールへの返信をしなくちゃと思いつつ、できなくていたの
を、これは! と、やっと実行できたのは、去年12月6日の独メルケル首相
のアウシュビッツ演説を読むことができたからです。
 YouTubeでは視聴できるのですが、
 これを、書き写すのはしんどいなぁ、誰かネットにあげてくれてないかしら、
と検索したら、「デ キリコ」さんという方のブログに文字起こしされたもの
が載っていたのでコピペして印刷して、ひこさんの言葉を反芻しました。
 本当に、シュタインマイヤー大統領演説と同様、ドイツ政府のキッパリとした
本物の謝罪、本物の反省」の姿勢が清々しく、羨ましい限りです。
「この地でドイツ人によって繰り広げられた残虐な犯罪、理解の限界を超えた犯
罪を前に、私は深い羞恥の念にかられます。」
アウシュヴィッツというのは、ですからドイツの、ドイツ人によって運営され

ていた絶滅収容所です。 この事実を強調することが私にはとても重要です。犯罪を犯した者の名をはっ

きり口に出すことが大事です。被害者に対しても私たち自身に対しても、そうす

る義務が私たちドイツ人にはあります。


 犯罪を思い返し、犯罪者の名をはっきりと口に出し、被害者にその尊厳にふさわ

しく思いを寄せようとすること、それは決して終わることのない責任です。この責
任は交渉不可能のもので、私たちの国と繋がっていて切り離すことはできません。
この責任に対する意識を常に新たにしていることが、私たちの国にとっては大切な
アイデンティの一部であり、誤りを悟り、自由を尊ぶ社会という自己理解、民主主

義と法治国家としての自己理解の一部です。」

 

侵害することのできない人間の尊厳、自由、民主主義と法治国家としての存在、こ
れらの価値はこんなにも貴重なものであるにもかかわらず、壊れやすいものであるこ
とを。だからこそ私たちはこの根本的な価値を毎日の暮らしの中においても、国家と
しての行動においても、政治的論議の中においても繰り返し新たに強固にし、改善し、
保護し、守っていかなければなりません。
これは、ことに今日単なる言い回しではないのです。
今こそ、そのことを明確に述べる必要があります。というのは、私たちは憂慮すべき
人種差別主義、どんどん跋扈しつつある不寛容さ、ヘイトクライムの波に現在遭遇しているからです。自由主義的民主主義の基本価値や、特定グループの人たちへの憎悪

を煽る危険な歴史修正主義に遭遇しているからです。」

「私たち一人一人がその責任を負っています。そしてその責任には追悼も含まれます。

私たちは決して忘れてはならないのです。このことにご破算ということはあり得ません。

そしてこのことを相対化することも許されません。」

 全てが、わが日本国の内閣総理大臣への痛烈な批判になっていますよね…あの下劣で

卑しい戦後70年談話「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先
の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。」などと厚顔無恥
を曝け出しながら得意になって…一度も「本物の謝罪」は、したことが無い「日本国政府」
なのに…これで「ご破算」にしよう、欧米帝国主義の侵略があったからと「相対化」して
しまおう、って…
 最近、添付の石橋湛山の「靖国神社廃止の議」(1945年10月13日発行『東洋経済新報』
)を読み返して、つくづく、この人が健康を害することなく首相を続けられていたら、日本
の歴史は変わったのではないか、と残念な気持ちです。
 未だ日本国憲法の影も形も無い時に「真に無武装の平和日本を実現する」と公言できた人…
 そして「少くも満州事件以来軍官民の指導的責任の位地に居つた者は、其の内心は何うあ
つたにしても、重罪人たることを免れない。然るに其等の者が、依然政府の重要の位地を占
め或は官民中に指導者顔して平然たる如き事」が、その重罪人の子や孫たちに何の反省も無
く受け継がれて70年が過ぎ、ついに、最低に無知で無恥な人物が内閣制度発足以来、最長の
政権を誇るところまで、落ちぶれてしまった、この国…
 徴用工の人たちに対する謝罪もせず、性奴隷被害者への謝罪もなく、関東大震災における朝
鮮人虐殺への国家責任にも頬被りしたままの、この国…

あらら…最後は、また愚痴になっちゃいました(笑)…が、諦めずに自分にできる努力を続

けましょう!

                                    みやこ
Attachments area
1.

Preview YouTube video メルケル首相の演説(アウシュヴィッツ・ビルケナウ基金)

2.
石橋湛山 靖国神社廃止 戦争責任者の行動
ーーーーー
みやこさん、
「慰安婦問題」に関して「何度あやまれば気がすむのでしょう」といったたぐいの発言は、
じつは、このいまの日本「国民」の大多数のきもちを代弁しています。
ほんとうは、一度も「あやまって」などいない。
「謝罪」という言葉にかなうのは、ドイツのポーランドに対する大統領・首相の
謝罪の言葉のなかにあった「あれはドイツの犯罪行為でした」といった、
過去の歴史的事実を明確に踏まえたものだけです。
日本国の政府は、むかしもいまも、一度だって、このような明確な「謝罪」などしていない。
なのに、上記のような発言がごくあたりまえのようになされるのが
否定しがたい現実です。
政府とマスコミをあげての宣伝をくつがえしうるまでに
わたしたちの行動がおよんでいないからです。
わたし自身は、たとえば、
「wam(Woemen’s Avtive Museum on War and Peace、女たちの戦争と平和資料館)」
に関係しているようなひとたちと、「ばかり」ではないけど「おもに」、つきあっているので、
とかく、「一般国民」と言われるひとたちと接する機会が、
老境にいたってとみにすくなくなってきています。
自戒の念をこめつつ、どのような声にも真摯に耳かたむけたいと、あらためておもいます。
ひこ
ーーーーー
ひこさん
 返信、ありがとうございます。
 実は「普通の日本人」は「安保でアメリカは日本を守ってくれている」と心
底から思いこんでるようなのです。最近、ある海外観光ツアーに参加しました。
 「トランプがイランに戦争仕掛けたら、のんびり海外旅行できなくなるよね」
って話になった時「でも、アメリカは日本を守ってくれてるんだよね」なんて、
マジにいう女性がいたので「アメリカはアメリカを守るために日本を利用してい
んで、日本を守ってくれてるわけじゃないわよ」と私がいうと、鳩が豆鉄砲を
食らったような顔されてしまいました(笑)。
 常識的判断力の問題だと思うのですけど、マスゴミの洗脳力は強烈だなぁ、と
再認識していた時に、あの朝日社説だったものですから…
 「これだよっ⁉ 現行安保条約だって『日本防衛の義務をアメリカに課した』な
んてもんじゃない、ってことは朝日新聞の幹部なら、良く知ってるくせにフェイク
流しおって!? 『朝日は安保条約と共に立たん』なのかっ⁉ それじゃ、読売や産
経とちっとも変わらんじゃないかっ⁉」とキレてしまいました(笑)。
>相手が「朝日」であれ「NHK]であれ、ここんところちょっとおかしいよね、
ぐらいで
 実は、ニュースやそれに対する反論が一番早く出るのはTwitterで次はFacebookの
ようだと、最近気がつきまして…一応、私もやってはいますが、活用はできていま
せん…半日、様子を見ていたんです。でも、どなたの紹介も批判も無いので、一人
くらいは批判表明しとかないといけないだろうと…
 「なんとか、朝日『声』欄にも投稿を」とは思っているのですけど、なにしろ、
あれを500字以内にまとめるのは、すっごくたいへん(笑)…それも「少しは表現を
弱めた方がいいか、でも、どうせ、弱めても採用はされるはずはないから、このま
ま怒りをぶつけてやろうか」とか、思案中です。
>じゃあ「東京新聞」にのりかえるか、くらいのところか。
 朝日の販売員さんとの人間関係(笑)から「のりかえ」が困難なので、それもス
トレスの原因(笑)なのです
>だからですよ、すがすがしいおもいがしたのは。
 ありがとうございます。おかげさまで、だいぶ「腹ふくるるわざ」から解放されま
した(笑)!
 でも、ホント、今の日本は巨大マスメディアが全て菊タブー・星タブーに侵され切
っている状況ですから、「普通に生活している日本人」には全く真実の情報が伝わら
ないので、正確な判断が出来なくなって当然ではありますよね…
 この海外観光旅行でも他の女性から(10人参加中9人まで50代~70代までの女性)
が「慰安婦」問題で「本当に、何度、謝ればいいのかしら?」と言われましたので「
本当に法的責任をとって心から謝罪したら一度で済むと思うけどねぇ…口先謝罪じゃ、
1万回謝罪したって、ホントに謝罪したことにはならないでしょ?」と言ったのですけ
ど…さて、納得されたかどうか自信はありません。 
                                   みやこ
ーーーーー
みやこさん、
「慰安婦問題」に関して「何度あやまれば気がすむのでしょう」といったたぐいの発言は、
じつは、このいまの日本「国民」の大多数のきもちを代弁しています。
ほんとうは、一度も「あやまって」などいない。
「謝罪」という言葉にかなうのは、ドイツのポーランドに対する大統領・首相の
謝罪の言葉のなかにあった「あれはドイツの犯罪行為でした」といった、
過去の歴史的事実を明確に踏まえたものだけです。
日本国の政府は、むかしもいまも、一度だって、このような明確な「謝罪」などしていない。
なのに、上記のような発言がごくあたりまえのようになされるのが
否定しがたい現実です。
政府とマスコミをあげての宣伝をくつがえしうるまでに
わたしたちの行動がおよんでいないからです。
わたし自身は、たとえば、
「wam(Woemen’s Avtive Museum on War and Peace、女たちの戦争と平和資料館)」
に関係しているようなひとたちと、「ばかり」ではないけど「おもに」、つきあっているので、
とかく、「一般国民」と言われるひとたちと接する機会が、
老境にいたってとみにすくなくなってきています。
自戒の念をこめつつ、どのような声にも真摯に耳かたむけたいと、あらためておもいます。
ひこ
ーーーーー
ひこさん
 返信、ありがとうございます。
 実は「普通の日本人」は「安保でアメリカは日本を守ってくれている」と心
底から思いこんでるようなのです。最近、ある海外観光ツアーに参加しました。
 「トランプがイランに戦争仕掛けたら、のんびり海外旅行できなくなるよね」
って話になった時「でも、アメリカは日本を守ってくれてるんだよね」なんて、
マジにいう女性がいたので「アメリカはアメリカを守るために日本を利用してい
んで、日本を守ってくれてるわけじゃないわよ」と私がいうと、鳩が豆鉄砲を
食らったような顔されてしまいました(笑)。
 常識的判断力の問題だと思うのですけど、マスゴミの洗脳力は強烈だなぁ、と
再認識していた時に、あの朝日社説だったものですから…
 「これだよっ⁉ 現行安保条約だって『日本防衛の義務をアメリカに課した』な
んてもんじゃない、ってことは朝日新聞の幹部なら、良く知ってるくせにフェイク
流しおって!? 『朝日は安保条約と共に立たん』なのかっ⁉ それじゃ、読売や産
経とちっとも変わらんじゃないかっ⁉」とキレてしまいました(笑)。
>相手が「朝日」であれ「NHK]であれ、ここんところちょっとおかしいよね、
ぐらいで
 実は、ニュースやそれに対する反論が一番早く出るのはTwitterで次はFacebookの
ようだと、最近気がつきまして…一応、私もやってはいますが、活用はできていま
せん…半日、様子を見ていたんです。でも、どなたの紹介も批判も無いので、一人
くらいは批判表明しとかないといけないだろうと…
 「なんとか、朝日『声』欄にも投稿を」とは思っているのですけど、なにしろ、
あれを500字以内にまとめるのは、すっごくたいへん(笑)…それも「少しは表現を
弱めた方がいいか、でも、どうせ、弱めても採用はされるはずはないから、このま
ま怒りをぶつけてやろうか」とか、思案中です。
>じゃあ「東京新聞」にのりかえるか、くらいのところか。
 朝日の販売員さんとの人間関係(笑)から「のりかえ」が困難なので、それもス
トレスの原因(笑)なのです
>だからですよ、すがすがしいおもいがしたのは。
 ありがとうございます。おかげさまで、だいぶ「腹ふくるるわざ」から解放されま
した(笑)!
 でも、ホント、今の日本は巨大マスメディアが全て菊タブー・星タブーに侵され切
っている状況ですから、「普通に生活している日本人」には全く真実の情報が伝わら
ないので、正確な判断が出来なくなって当然ではありますよね…
 この海外観光旅行でも他の女性から(10人参加中9人まで50代~70代までの女性)
が「慰安婦」問題で「本当に、何度、謝ればいいのかしら?」と言われましたので「
本当に法的責任をとって心から謝罪したら一度で済むと思うけどねぇ…口先謝罪じゃ、
1万回謝罪したって、ホントに謝罪したことにはならないでしょ?」と言ったのですけ
ど…さて、納得されたかどうか自信はありません。 
                                   みやこ
ーーーーー

増田さん、ひこさん、みなさん

投稿有難うございました。
早速地球倫理・平和世界に転載させて頂きました。
湛山と岸(そして三代目ア〇)はその出生・生涯・
教育・思想・志操・人格・品格に於いて全く対極
ですね。政権内容・期間も対極ですが、大和人は
戦後極貧に懲りてエコノミックアニマルになった
多数の趨勢になびいて極貧人・国に成り下がった
ようですー残れる者達の行動がそれを救い一切生
命の為に一所懸命になって欲しいと願います!
ーーーーー
みやこさん、魯参さん、みなさん、
みやこさん、ありがとう。よくぞ見つけてくれました。
わたしは、映像を見ながら、必死で、そこでもちいられた表現をあたまに入れていたのですが、
こんなふうに文字に起こしもらえると、まっこと、ありがたい。
石橋湛山についても、「提言」を、こうやってじっさいに読めると、いまさらながら、まっとうな保守が
存在しえていたのだなあっておもいます。
明治神宮についても、あんなものつくるのは「先帝」の遺志に反するなどと直言してるんですからね、
このひとは。
いま「保守」を名乗っているやからは、ことば本来の意味における「保守」とは無縁。
北一輝の爪の垢でも煎じてのめって、かつてわたしは毒づいたことがあったけど、
ほんとうに、まっとうな「右翼」にお目にかかりたいものです。
ひこ

安倍9条壊憲NO! 「改憲発議に反対する全国緊急署名」

安倍9条改憲NO! 「改憲発議に反対する全国緊急署名」

安倍9条改憲NO! 「改憲発議に反対する全国緊急署名」へのご協力のお願い

 

 平素からのご支援ご協力に心から感謝申し上げます。
 さて、暴走ともいえる安倍政権の憲法こわし、民主主義こわしが止まりません。
 森友・加計学園疑惑での行政の私物化につづき、今また「桜を見る会」への後援会員の招待という税金の私物化が露見しました。
 また、違憲の安保法制も口実にしたアメリカからの武器の爆買いと専守防衛からの逸脱は、9条改憲を先取りする乱暴さで進められています。中東海域への「調査研究」名目での自衛隊艦船の派遣という脱法行為もおこなおうとしています。
 沖縄・辺野古沖での基地建設でも示される権力政治も、意にそわない表現行為への政府の介入も、過去の植民地支配への反省を欠く韓国との摩擦の強まりも、憲法を遵守しない、立憲主義を蹂躙する安倍政治だからの問題です。
 この暴走のいきつく先を憲法9条への自衛隊の明記とさせてはなりません。
 先の参議院選挙をへて、体制を立て直し、自らの総裁任期の2021年までの改憲をめざす安倍首相は、改憲のアクセルを一段と踏み込みました。暴走はさらに加速しています。
 安倍首相のもとでの改憲には反対、が国民多数の声です。先の参議院選挙での市民と野党の一致点です。
 この一致点をさらに強く、大きくし、世論を広げ、改憲発議ができない状況を作りだすために、もう一度知恵と力を寄せ合おうではありませんか。「改憲発議に反対する全国緊急署名」を軸に、対話を強めようではありませんか。
 「改憲発議NO」の世論で安倍政権を追いつめるために、皆さんのお力をお貸しください。新たにスタートしました、「改憲発議に反対する全国緊急署名」の署名推進にご協力いただくとともに、取り組みを進めるための財政支援にもご協力くださるようよろしくお願いします。
2019年12月17日
安倍9条改憲NO!全国市民アクション運営委員会
【呼びかけ人】
有馬 頼底 うじき つよし 落合 恵子 岡野 八代 鎌田 慧 鎌田 實 香山 リカ 佐高 信 澤地 久枝 杉原 泰雄  田中 優子 ちば てつや 暉峻 淑子 なかにし 礼 浜 矩子 樋口 陽一 前川 喜平 益川 敏英 田原総一朗 山口 二郎 北原 みのり (2019年12月13日現在)
連絡先
・戦争をさせない1000人委員会  【電話03-3526-2920】
  〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館内 
・憲法9条を壊すな!実行委員会 【電話03-3221-4668】
  〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-3-3 太陽ビル402 市民ネット内
・戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター 【?03-5842-5611】
〒113-8462 東京都文京区湯島2-4-4 全労連会館
・九条の会【電話03-3221-5075】
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-7-303

 署名用紙は以下からダウンロードできます。
 http://kaikenno.com/?p=1218


「九条の会」リーフレット

 「九条の会リーフレット」を作成しました。これまでの呼びかけ人の紹介と「九条の会アピール」に加えて、12人の世話人の紹介と一言アピールを新たに掲載しました。
全国の地域、職場、学園の「九条の会」で、このリーフレットを積極的に活用し、「九条の会」の活動を、文字通り全ての人々に伝え、「3000万人署名」の目標を達成すると共に、新たな「九条の会」を結成するなど地域に根ざした大きな運動と世論を作り上げていきましょう。
〈リーフレット〉
値段 1部30円/100部以上25円/1000部以上20円
サイズ B6(B4を4つ折りしたもの)
申込は、九条の会へ


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。
各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。

へのご協力のお願い

 平素からのご支援ご協力に心から感謝申し上げます。
 さて、暴走ともいえる安倍政権の憲法こわし、民主主義こわしが止まりません。
 森友・加計学園疑惑での行政の私物化につづき、今また「桜を見る会」への後援会員の招待という税金の私物化が露見しました。
 また、違憲の安保法制も口実にしたアメリカからの武器の爆買いと専守防衛からの逸脱は、9条改憲を先取りする乱暴さで進められています。中東海域への「調査研究」名目での自衛隊艦船の派遣という脱法行為もおこなおうとしています。
 沖縄・辺野古沖での基地建設でも示される権力政治も、意にそわない表現行為への政府の介入も、過去の植民地支配への反省を欠く韓国との摩擦の強まりも、憲法を遵守しない、立憲主義を蹂躙する安倍政治だからの問題です。
 この暴走のいきつく先を憲法9条への自衛隊の明記とさせてはなりません。
 先の参議院選挙をへて、体制を立て直し、自らの総裁任期の2021年までの改憲をめざす安倍首相は、改憲のアクセルを一段と踏み込みました。暴走はさらに加速しています。
 安倍首相のもとでの改憲には反対、が国民多数の声です。先の参議院選挙での市民と野党の一致点です。
 この一致点をさらに強く、大きくし、世論を広げ、改憲発議ができない状況を作りだすために、もう一度知恵と力を寄せ合おうではありませんか。「改憲発議に反対する全国緊急署名」を軸に、対話を強めようではありませんか。
 「改憲発議NO」の世論で安倍政権を追いつめるために、皆さんのお力をお貸しください。新たにスタートしました、「改憲発議に反対する全国緊急署名」の署名推進にご協力いただくとともに、取り組みを進めるための財政支援にもご協力くださるようよろしくお願いします。
2019年12月17日
安倍9条改憲NO!全国市民アクション運営委員会
【呼びかけ人】
有馬 頼底 うじき つよし 落合 恵子 岡野 八代 鎌田 慧 鎌田 實 香山 リカ 佐高 信 澤地 久枝 杉原 泰雄  田中 優子 ちば てつや 暉峻 淑子 なかにし 礼 浜 矩子 樋口 陽一 前川 喜平 益川 敏英 田原総一朗 山口 二郎 北原 みのり (2019年12月13日現在)
連絡先
・戦争をさせない1000人委員会  【電話03-3526-2920】
  〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館内 
・憲法9条を壊すな!実行委員会 【電話03-3221-4668】
  〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-3-3 太陽ビル402 市民ネット内
・戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター 【?03-5842-5611】
〒113-8462 東京都文京区湯島2-4-4 全労連会館
・九条の会【電話03-3221-5075】
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-7-303

 署名用紙は以下からダウンロードできます。
 http://kaikenno.com/?p=1218


「九条の会」リーフレット

 「九条の会リーフレット」を作成しました。これまでの呼びかけ人の紹介と「九条の会アピール」に加えて、12人の世話人の紹介と一言アピールを新たに掲載しました。
全国の地域、職場、学園の「九条の会」で、このリーフレットを積極的に活用し、「九条の会」の活動を、文字通り全ての人々に伝え、「3000万人署名」の目標を達成すると共に、新たな「九条の会」を結成するなど地域に根ざした大きな運動と世論を作り上げていきましょう。
〈リーフレット〉
値段 1部30円/100部以上25円/1000部以上20円
サイズ B6(B4を4つ折りしたもの)
申込は、九条の会へ


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。
各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。