さあ、皆で祝おう違法になった核兵器!Celebrate illegality of nukes now!

1.日本語:さあ、皆で祝おう違法になった核兵器!
 
 
2.English: Celebrate illegality of nukes!
 
 
 
1.
 

核兵器は今や違法です。さあ、皆でお祝いしよう!

核兵器は今や違法です。さあ、皆でお祝いしよう!

 

親愛なる皆さん、

1月22日は、核兵器禁止条約が発効する中、世界的に核兵器が違法になる記念碑的な日です。

どうぞ皆さん、この歴史的な日を祝うために核戦争の唯一の被爆国日本が条約に賛成し、批准するよう賛同署名を集めて下さい。そして、全ての戦争を終らせるために、この成功を活用して下さい。

これは反戦運動の極めて重要な瞬間です。この日を祝う世界中のグループの行動を見て下さい。どのようなイベントが用意されているかを次に示します。

添付資料:January22.2021

内容: 世界映画ディスカッション&グローバルミートアップを保存した男いつ: 1月16日(土) 3:00pm-5:00東部 (GMT-05:00)

ここに登録!フェイスブックでシェアします。

 私たちは、1月16日、世界ビヨンド戦争理事アリス・スレーターによる彼女の人生を捧げてきた原爆の禁止運動の動画リンクをお届けします。

 私たちは、世界中の他の活動家とネットワークを作り、戦略を立てるためのディスカッショングループに参加し、1月22日のグローバル行動の日に向けて組織化のアイデアを共有します。

添付資料: ノアム・チョムスキーJanuary22.2021

核兵器の脅威:カナダがノアム・チョムスキーをフィーチャーした国連核禁止条約に署名すべき理由:1月22日(金)午後2時東部(GMT-05:00)

ここに登録! フェイスブックでシェアする。

カナダ外交政策研究所が発表し、世界ビヨンド戦争が共催。

番組資料:監視パーティー

禁止日:1月22日(金)午後7時~午後9時(GMT-05:00)

登録!フェイスブックでシェアする.

 WILPFピッツバーグ、世界を超えた戦争に参加し、「核兵器の終わりの始まり」のズームビデオウォッチパーティー/議論のための共同スポンサー。ドキュメンタリー映画(2017年に作られた)は、122の国連諸国によって批准された条約を取得するプロセスと、その努力のためにノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーンICANの役割を説明しています。

2 Attachments (以下参照)

2.

Nukes are now illegal. Let’s celebrate & mobilize.


Dear Rosan,January 22 is the monumental day when nuclear weapons become illegal worldwide as the Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons enters into force.You’re invited to join World BEYOND War and our partners to celebrate this historic day, mobilize those countries that haven’t signed the treaty to urge them to act, and strategize about how we can leverage this success to push further in the campaign for nuclear abolition and the end to all war.This is a pivotal moment in the anti-war movement. It’s inspiring to see groups from all corners of the globe organizing actions in support of this day. Here are some key events to put on your calendar:
WhatThe Man Who Saved the World Film Discussion & Global Meetup
When: Saturday, January 16 at 3:00pm-5:00pm Eastern (GMT-05:00)
Register here! Share it on Facebook.
We’ll send you the link to watch the film on your own time. Then, on January 16, we’ll hear from World BEYOND War Board Member Alice Slater, who has dedicated her life to banning the bomb. We’ll break out into discussion groups to network and strategize with other activists from around the world, and share organizing ideas for the January 22 global day of action.
What:
 The Threat of Nuclear Weapons: Why Canada Should Sign the UN Nuclear Ban Treaty Featuring Noam Chomsky
When: Friday, January 22 at 2:00pm Eastern (GMT-05:00)
Register here!
Share it on Facebook.
Presented by the Canadian Foreign Policy Institute and co-sponsored by World BEYOND War.
What: Ban Nuclear Weapons Watch Party
When: Friday, January 22 at 7:00pm-9:00pm Eastern (GMT-05:00)
Register! Share it on Facebook.
Join WILPF Pittsburgh, World BEYOND War, and co-sponsors for a Zoom video watch party/discussion of “The Beginning of the End of Nuclear Weapons.” The documentary film (made in 2017) explains the process of getting the treaty ratified by 122 UN states and the role of the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons, ICAN, which won the Nobel Peace Prize for its efforts.P.S. Find many more events and resources from World BEYOND War and our partners on our January 22 global action page here and Canada action page.For a world beyond war,Greta Zarro
Organizing Director
World BEYOND War
greta@worldbeyondwar.orgWorld BEYOND War is a global network of volunteers, activists, and allied organizations advocating for the abolition of the very institution of war. Our success is driven by a people-powered movement – support our work for a culture of peace.Opt-in for important, timely mobile messages.       World BEYOND War 513 E Main St #1484 Charlottesville, VA 22902 USAPrivacy policy.
Checks must be made out to “World BEYOND War / AFGJ” or we can’t deposit them.Switch to receiving only one e-newsletter every two weeks.Should giant war-profiteering corporations decide what emails you don’t want to read? We don’t think so either. So, please stop our emails from going into “junk” or “spam” by “white listing,” marking as “safe,” or filtering to “never send to spam.”

Sign “No First Use” of Nukes

Sign the petition: Demand Congress add checks and balances to our nuclear system and enact No First Use!

As if the last four years were not proof enough, the final days of the Trump administration have been marked by a coup attempt, incited by the President. Despite assurances from General Mark Milley to Nancy Pelosi, there are no safeguards in place to stop a president from issuing a nuclear launch command — even when he is, according to close aides, ‘out of his mind.’  

The nuclear launch codes are literally in Donald Trump’s pocket, and as President he has the full legal authority to order a nuclear strike at any time. No one can legally refuse his order. Every minute Trump maintains his authority as Commander-in-Chief is another moment of peril for the United States and the world. Congress must act urgently to add checks and balances to our nuclear weapons system by enacting a policy of No First Use.

No one should have the power to start a nuclear war. Trump has exposed the dangers of sole authority, but the problem won’t end with Trump out of office. Sign now to demand Congress move forward with enacting a policy of No First Use, to take away Trump’s ability to fire a nuclear first strike.

Sign the petition: Demand Congress add checks and balances to our nuclear system and enact No First Use!

Participating Organizations:

Beyond the Bomb
Daily Kos
Mainers for Accountable Leadership
Massachusetts Peace Action
Physicians for Social Responsibility Wisconsin

Supporting Organizations:
Women’s Action for New Directions

PETITIONING
Congress
SPONSORED BY

Our Message to Congress:

I’m writing today to highlight our urgent need for a No First Use policy. When the President of the United States incited violence from his supporters, thousands took to social media and news outlets to warn that he still has the nuclear codes, and could use them at any time until he is removed from office. It is clear: no one should have that kind of power. So many of us are stepping up to demand Trump be removed from office, an important stopgap. But, we can never allow ourselves to be in this position again.

No First Use would ensure the U.S. would never launch a nuclear weapon as a first strike and start a cataclysmic chain reaction. No single person should have the right to start a nuclear war, and a policy like No First Use puts much-needed checks and balances back on our nuclear system.

This is the terrible power held by every American President – and millions of lives hang in the balance. This week’s alarming events in Washington should make it clear that existing U.S. nuclear policy exposes us all to an intolerable level of risk.

SIGN THIS PETITION

20200609_nevadanucleartesting_

7,657 Signatures Collected
 

 

  • Image Attribution: U.S. Army Photographic Signal Corps

     

    By signing this form, you are agreeing to receive occasional emails on this and related campaigns from Beyond the Bomb, Mainers for Accountable Leadership, Massachusetts Peace Action, Physicians for Social Responsibility Wisconsin, and Daily Kos. You may of course unsubscribe at any time. Here’s our privacy policy.

    Sign Page:

Abolish “Illegal” Nukes!

Nukes are now illegal. Let’s celebrate & mobilize.

ナガサキ9の日、氷点下雪の座り込み

 

This image has an empty alt attribute; its file name is 9e381aee697a5e5baa7e3828ae8bebce381bf.jpg

 

雪の座り込み

 
みなさま
 
こんにちは。魯参さん、メールと写真を転載していただき
ありがとうございます。
長崎は今日は大雪で、我が家の周りも20㎝ほど積もりました。
長崎は坂の街なので、路面電車もバスもストップ、デパート
などのお店も休みになりました。
長崎では毎月9日に、平和センター主催で反核を訴える「9の日
座り込み」を行なっています。今日は9日だけど交通機関は
止まっているし・・と思っていたら、大雪でも被爆者をはじめ
25人が徒歩で平和公園にやってきて、氷点下のなか座り込みを
行ない、核廃絶を訴えたそうです。頭が下がります・・
 
西岡由香
 
 
 
 
ーーーーー
 
 
由香さん、みなさん

 
9の日氷点下の雪の中の座り込みのニュース
と写真を有難うございました。本当に頭が
下がります。持続こそ力、点滴岩を穿つ」
の通り核廃絶は必ず達成されるでしょう。
 
早速平和世界に転載させてもらい、SNSで
拡散させてもらいます。
 
皆さんの声援、そのほか何でも投稿をお待ち
しております。
 
Rosan
魯参

ーーーーー

参考: 正月座り込みはこちらを御覧下さい:核兵器禁止条約元年:世界連帯で実現!

 
 
魯参さん、みなさま

 

こんにちは。魯参さん、長崎の思いを発信していただき、ありがとう
ございました。昨日は、2時間以上かけて平和公園に歩いてこられた方や、
90歳の被爆者の方もおられたそうです。
下記のリンクが開けなかったのですが・・会員限定でしょうか?

今日、まだ雪の残る階段をこわごわ降りて買い物へ出ると、街には、
晴れ着姿の若者がおおぜい集まっていました。市主催の成人式は
延期になったけれど、ピースサインで写真を撮る姿がまぶしい。
私も、溶けかけた雪を集めて作ってみました。ピースマーク。
「V」を逆にした「∧」は手旗信号のNでNuclear(核)、円の半分のDは
Disarmament(軍縮)で核軍縮をあらわしています。
核兵器禁止条約発効まであと12日です!

西岡由香

 
 
 
 
Attachments area
 
 
 
This image has an empty alt attribute; its file name is peace-symbol-1.jpg
 
 
 
ーーーーー
 
 
 
由香さん、みなさん

 

 
早速のご連絡・情報有難うございます。
 
FBのサイトには友達になっていないと
開けないのかも知れませんので、それを
Wordにコピーしたものを添付しますー
本人のFBサイトはこちらですが、これ
ももしかしたら開けないかもしれません
が:
 
 
二番目のものは先方のコメントに当方が
コメントしたら、いいね!をくれたもの
です:
 
今回の情報・写真も転載させてもらいま
すので宜しく。
Rosan
 
 
2 Attachments

Toshihiko Kuroda

6時間前  ·

核兵器は戦争の危険を増すものです!No nuke!!

…😘😍😘😍🙋‍♀️🙋‍♂️👍👍👍👍👍

 

This image has an empty alt attribute; its file name is 9e381aee697a5e5baa7e3828ae8bebce381bf-1.jpg

大塚卿之

日本人の一人として日本が核兵器禁止条約を批准しないことは本当に恥ずかしいことです。

 
 
(大塚さんのコメントにコメント)魯参
 

政治家もメディアも国民も、決して「初心忘るべからず」:

 
 
image.png

 

 
 
 
 
Rosan
 
 
ーーーーー
 
 
大塚さん、由香さん、みなさん

 

 
大塚さんがコメントしてくれました
のでコピーを添付します。
 
みなさんのコメントも頂けたら拡散・
活動になると思います:
 
平和世界:
 
FB Rosan Daido: 
(かなり前の投稿になります)
 
FB Indranet:
 
FB Mitranet:
 
FB Missouri Zen Center:
 
FB Zen Center of Missouri:
 
LinkedIn (こちらは友達のみでしょう):
 
Twitter:
 
Instagramをこれから試みます。
 
他に良い拡散方法があったらお報せ下さい‼
Rosan
 
 
ーーーーー
 
 
由香さん、大塚さん、みなさん

 

 
大塚さんのコメントしたサイトは現在57人が
いいね!していますが、シェアもされている
と思います。前に添付で送ったコメントの人
は自分のFBサイトに転載していますから、
それをフォローしている何千人(Kurodaさん
は3千人以上)が見ておりさらに転送もしてく
れていると思われます。情報革命の威力を利
用すれば世界との連絡・連帯も可能になりま
す。禅センターに載せたものはコメントしな
くても見てくれているのですね。
 

 

ーーーーー

魯参さん、みなさん

 
魯参さんのFacebookの友達数はなんと
4833人ですね。
 
貴重な発信を頻繁にされておるからだと
思います。
 
私などは閲覧もコメントもあまりしないので
本当に頭が下がります。
 
情報革命の威力を利
用すれば世界との連絡・連帯も可能になりま
す。
 

その通りだと思います。

 
 
 
ーーーーー
 
 
大塚さん、みなさん
 
 
情報化・民主化・地球化(物人流から情報流へ)は
一体ですね。これによって国家主義を越え人類中心
をこえて生類・生系・生命を推進する社会に変えたい
ものですね。
 
FBF依頼があり承諾しようとするともう5千に達して
いるというので止めていたのですが、そこから減った
のはあまり投稿が多すぎるからかもしれませんね。
 
 
ーーーーー
 
 
魯参さん、大塚さん、みなさま
 
こんにちは。フェイスブックの記事、見ることができました。
たくさんの方にメッセージを発信、共有していただいていること、
本当にうれしく思います。
昨夜から寒さも緩み始め、屋根からとけた雪のしずくが滴っています。
昨日つくったピースマークはとけてしまいましたが、現実の硬直した
核政策も「雪解け」を迎えてくれるよう祈ります。
 
西岡由香
 
 
ーーーーー
 
 
由香さん、大塚さん、みなさん

 

 
雪は融け、春は来るのに人間の妄想は解け
ませんね(我、我社、我国、我種など)=
今度のトランプ議事堂乱入暴動に至る事件
をメディアは大量妄想(mass delusion)と
呼んでいますートランプ・共和党・共和党
支持者・右翼・白人至上主義者達やそれを
支えたFOXなどのメディア、大量の寄付・
献金、更には軍産官財複合体等々…。
 
しかし大自然界に目を向ければ宇宙生成か
ら生命誕生・絶滅・興亡等到底人間の頭で
はどうにもならない流れがあり、地球もそ
の生物も全滅する日がくるとか(先送のビ
デオ)、その前に人類の歴史の新展開で核
も戦争もない世界を創りましょう‼

 

Rosan 
魯参
 
 
ーーーーー
 
魯参さん、ゆかさん、大塚さん、増田さん、みなさん、
 
魯参さん、いつも的確な応答と発信をありがとう。
大塚さんの適切な「いらえ」にも感謝しています。
 
それにつけても、わたしは、このところとみにおとろえを感じさせられることがつづき、
気力はおとろえていないとおもってはいるものの、
たとえば、MLでの応答はにぶくなっており、
食欲ですらおとろえを感じざるをえなくなっています。
 
とはいえ、たとえば長崎での新年恒例の「座り込み」の写真に接して
心をうごかされないほどにはおとろえておりません。
おとろえているのは、その感動を「発信する」能力とスピードだけです。
 
「スケジュール闘争」という揶揄が、かつて、「総評」の「春闘」はじめ恒例の
ストライキに投げかけられたことがありました。
いまでは、それすら消えてしまっていますが。
 
ゆかさんたち長崎のひとびとの新年恒例のすわりこみは、
「スケジュール闘争」とは水と油で、
反戦・反核の志をしかと持ちつづけているという姿勢、
ヒロシマにつぐ被爆地に生きるひとたちの志の表出であると感じています。
 
ヒロシマにも、もちろん、反戦・反核の志は生きているとおもうけれど、
なにかにつけ、長崎での、この志の表出のしかたには
こころうたれるところがあります。
 
長崎に雪が降ることに気づかずにきました。
地理的条件を考えれば当然のことでしたのに。
そうと知ったあとでも、しかし、長崎に降る雪にはとくべつなおもいいれがある。
とりわけ、雪のうえでのすわりこみなんていう行為には。
 
魯参さん、
 
《雪は融け、春は来るのに人間の妄想は解け
ませんね(我、我社、我国、我種など)=
今度のトランプ議事堂乱入暴動に至る事件
をメディアは大量妄想(mass delusion)と
呼んでいますートランプ・共和党・共和党
支持者・右翼・白人至上主義者達やそれを
支えたFOXなどのメディア、大量の寄付・
献金、更には軍産官財複合体等々…。》
 
そうですね、ひとびとの「妄想」は、
たんに「妄想だ」と言ってしまうことができないほど
深刻な害を、現実に、わたしたちにおよぼしています。
この種の「妄想」とは真剣にむかいあいたたかはねばならないでしょう。
 
この列島に生きるわたしたちは、
わたしたちの先人たちが、現に、この種の「妄想に」囚われておかしてしまった
諸悪のかずかすのことを、真摯におもいやらねばならないでしょう。
二度とふたたびこのような妄想にとらわれて軽挙妄動しないように
臍(ほぞ)をかためねばならないでしょう。
 
 
ひこ
 
 
 

核兵器廃絶元年:世界と連帯実現‼

核兵器廃絶元年

 

みなさま

謹賀新年!

どうぞ2021年もよろしくお願いいたします。

恒例の「元旦座り込み」に行ってきました。20年目になる今年も、

被爆者や高校生、報道をはじめ約100人の方々が、平和公園に

集まりました。たれこめた曇り空の下、寒風でみんなの頬が

赤く染まっていきます。

11時2分、黙とう。コポコポ、サラサラ・・静寂のなか、

聞こえるのは平和祈念像の台座に流れる水の音だけ。

風は凍てついていたけれど、黙とう後の何人もの方の訴えは、

熱いさざ波のように響いていきました。

「2021年を核兵器廃絶元年にしよう!」「若者として同世代に

核兵器禁止条約を伝えます」「核兵器より医療、福祉を!」

「東日本大震災から10年、福島ともつながっていこう」

さいごは皆で「世界から戦争がなくなるまで座り込みを続けよう!」と

こぶしを空につきあげました。

移動がままならなくても、この厚い雲の下で、私たちは手をつなげる。

距離も時間もこえて「連帯」できる。

さあ「核兵器廃絶元年」の始まりです!

西岡由香

 

Attachments area

 

ーーーーー

 

みなさん、

 

ゆかさん、ありがとう。

新年最高のメッセージです。

そう、今年こそ、核兵器廃絶元年にしましょう。

そして、原発廃絶元年にも!

 

ひこ

 

ーーーーー

 

由香さん、ひこさん、みなさん

 

核廃絶元年はまさに人類・生類一切の最緊要の

事ですね。戦争の無くなる迄坐り続けるもまた

人類・生類の勝利への大きな希望であり証です。

ご存じの通り世界最大の国家とされる米国では

世界最悪の大統領に扇動された暴徒が議事堂を

破壊占拠までして世界に最悪の醜態をさらしま

した。

 

当方もトランプとトランペット等の悪業阻止の

為にウェブ・ブログ・SNS・MLなどで多忙を

極めてきてこのお便りと写真を平和世界に掲載

するのが伸びてしまいました。

 

別便で新大統領バイデンの「核のない世界が唯一

の安全」という洞察・道義・手腕を示すビデオ

リストをおおくりしましたが、それに期待して、

それの実現へ向かう世界大衆の活動力の結集を

しましょう。

 

https://globalethics.wordpress.com/2021/01/08/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%87%e3%83%b3%e6%a0%b8%e6%94%bf%e7%ad%96/

 

大衆の声に押されてフィンランド首相がEUも、

核禁条約に参加すべしと言っています:

https://limitlesslife.wordpress.com/2021/01/08/european-union-should-join-ban-treaty/

また条約発効に合わせた行事も計画されています:

https://limitlesslife.wordpress.com/2021/01/09/1-12-at-1-pm-cet-nuke-ban-monitor-2020/

 

今年はどこも激動の年となりそうですが、日本

の政治も転換期のようですので、是非とも唯一

の被爆国、戦争・軍備放棄国として頑張り、世

界と連帯して行きましょう‼

 

魯参

伊藤隆二:「世界政府」を作ろう

私 の 提 言

「 世 界 政 府 」 を つ く ろ う

ー 人 類 福 祉 の 実 現 の た め に ー

横浜市立大学名誉教授 伊藤 隆二

「あなたたち大人が私たちの未来を壊している」 ―         こ れ は 、 ス ウ ェ ー デ ン に 住 む 少 女 グ レ タ ・ ト ゥ ー ン ベ リ さ ん (17 ) の 告 訴 で あ る 。

「 大 人 た ち が 壊 し て い る 」 と は 地 球 環 境 の 破 壊 を 指 し て い る 。 具 体 的 に は 、 例 え ば 先 進 国の二 酸 化 炭 素 ( C O 2 ) の 排 出 の 拡 大 に よ る 地 球 温 暖 化 を 問 題 に し て い る の だ 。 実 際 、 そ の 温 暖 化 に よ っ て 引き 起 こ さ れ て い る 、 と 言 わ れ て い る 砂 漠 化 の 広 が り 、 水 不 足 や 水 質 の 汚 染 、 異 常 気 象 ( い わ ゆ る 気 候 変 動 ) 、 食 糧 不 足 、 主 と し て エ ネ ル ギ ー に な る 各 種 資 源 の 減 少 、 さ ら に は 動 物 ・ 植 物 の 絶 滅 種 の 増 加 な ど が 深 刻 に な っ て い る 。 地 球 温 暖 化 で 特 に 注 目 さ れ て い る の は 、 そ れ に よ っ て 南 極 ・ 北 極 圏 の 永 久 凍 土 が 溶 か さ れ 、 流 れ 出 し た 海 水 が 急 に 膨 れ 上 が り 、 小 さ な 島 々 を 埋 没 さ せ 、 ま た 大 陸 低 地 帯 へ の 水 害 を 引 き 起 こ す こ と で あ る 。 あ る 専 門 家 に よ る と 、 永 久 凍 土 の 氷 解 に よ っ て 、 何 億 年 も 姿 を 現 さ な か っ た 夥 し い 数 の 大 型 生 物 の 死 骸 が 露 呈 し 、 そ の 死 骸 に 群 が っ て い た ウ ィ ル ス な ど の 微 生 物 が 大 量 に 排 出 さ れ る 、 と い う 。 そ し て 、そ の 微 生 物 は 人 び と に 感 染 し 、 人 類 が こ れ ま で 経 験 し た こ と の な い 、 新 型 の 病 気 を 地 球 上 に 蔓 延 さ せ る 、 そ う な れ ば 、 一 国 や 二 国 で は 、 と て も 対 応 で き な く な ろ う 。 先 の グ レ タ ・ ト ゥ ー ン ベ リ さ ん の 悲 痛 な 告 訴 は 、 決 し て 大 袈 裟 で は な く 、 人 類 の 存 続 の 危 う さ を 予 告 し た も の 、 と 言 え る の で あ る 。

(註 )① 「 福 祉 」 は 人 間 の み で は な く 、 地 球 上 の 生 態 系 を 支 え る 生 き と し 生 け る も の ( 動 物 ・ 植 物 ) に も 深 く 関 係 し て い る こ と を 見 逃 し て は な ら な い 。 し か し 、 今 回 は 残 念 な が ら 、 そ こ ま で 筆 を 進 め る こ と が で き な か っ た 。

地 球 温 暖 化 の 直 接 ・ 間 接 の 誘 因 を 探 っ て い く と 、 世 界 の い く つ か の 先 進 国 が 「 国 益 」 と い う 名 の 自 国 第 一 主 義( 国 家 エ ゴ イ ズ ム )を強め、自国の経済力(いわゆる 国力)のみの向上に努めてきたことに辿り着く。日本も例外ではない。そうした先進国はさらに国力 を強め、逆に、弱小国は反比例的 に極貧化していく。

ところが、それら先進国間では 一層、相互不信が募り、また疑心 暗鬼が生じ、かくして軍拡競争が 進められていくことになる。そして到達したのが核兵器の大量製造である。

現在、ロシア、米国、中国、フ ランス、英国などが所有している 核弾頭は一三、四〇〇発以上だ、と推定されている。

「核兵器は戦争を抑制し、大国間 のバランスを保っている。それで良いではないか」と言う人もいるが、核兵器を所有している国は他国へ睨みを利かし、脅威と恐怖心を煽っているのだ。例えば一九六〇年代のこと、米国は「中国が日本に対して核兵器で攻撃するならば、日本国民の1/6に当たる、一、八〇〇万人が即死する」と、警告してきたことがあった、という(『朝日新聞』 二〇二〇年八月三日付)。

ところで現在、この地球上には 七十七億人が住んでいる(今世紀 末には百億人になる)と、言われているが、その一人一人の生き方は違っていても、「生命」を有しているという点ではみな同じである。今、産声を上げたばかりの赤ん坊も大地を元気よく駆け回っている少年・少女も、スポーツに励 む選手たちも、また、重いハンディキャップを負う寝たきりの人 も、瀕死の状態にある病人も「生命」の面から見ると、みな同じで 、、 ある。それを「人間平等」という。つまり、人はだれでも「生命」と いう同じ価値を有している、ということであり、それが人類福祉の 原点になっているのである。

もし健康な人、裕福な人、地位の高い人のみが価値があるのだ、という人たちがいるならば、その人間観は明らかに歪んでいる。これを人類福祉の観点から言えば、国力の高い、裕福な国は価値があり、極貧国は価値がない、といった決め付けは論外になる。しかるに今の国連を見ると、米国、 英国、フランス、ロシア、それに中国(以上は太平洋戦争の勝利国)のみが常任理事国として君臨し、安全保障理事会を牛耳り、それ以 外の国には何らかの決定権も与えられていない。それどころか、今、六百万人以上が飢餓状態にある、と言われている最貧国について、 裕福な国は見て見ぬ振りをしている。それは反人類福祉である。このままで良いわけがない。

今から七十五年前に創設された国連は、国際平和と安全の維持、 経済・社会・文化面の国際協力の達成を目的としていたが、内実はその目的に背いているのである。世界平和は未だ実現しそうもないし、また、気候温暖化対策について見ても、一九九二年の地球サミットで「気候変動枠組み条約」が採択されたのに、罰則がないのを良いことに、CO2を大量に排出しつづけている大国はその条約を無視している。

今、地球上には約二〇〇ヵ国 (アラブ首長国連邦を含む)があるが、全てが「平等である」ことを軸にして、これまでの各国の政策決定権を超える強い国際機関、すなわち「世界政府」を構想すべきときが来ているのである。

以下、拙いが、私の構想を粗描してみる。

「世界政府」は二〇〇ヵ国の各三人の代議員(計六〇〇人)によって 民主的に運営される(代議員は二、三年で交代する) 。その六〇〇人の代議員によって選出される代議員長は全体会議(地球会議)の議長になる。政策決定は代議員の多数決による。なお、議長の任期は三年とする。

地球会議で取り上げられる議題は多岐にわたるが、主要なのは「地球憲法」の制定である。その憲法の理念としては「人類福祉の実現」があげられる。具体的には、次のような条項を決定する。 (註)②

一、恒久的平和の樹立を目指し、 核兵器を含む武力及び国際間の交戦権を永久に放棄する。

二、地球温暖化につながる研究、技術開発及び実施の全面禁止を促進する。

三、地震・洪水・津波・台風に代表される自然災害の発生のメカニズムの解明の研究・技術を推進する。

四、自然災害が発生した際の全面的救援体制を確立する。

五、疫病のメカニズムの解明の研究・技術を推進する。

六、疫病が流行した際の全面的救援体制を確立する。

七、世界の食糧増産を促進する。

八、貧国支援のプロジェクトを打ち上げ、貧富の格差を是正する。

九、砂漠を含む地球上の緑化活動を推進する。

十、エネルギーになる資源を開発する。

十一、寛容の心と博愛精神の育成を目指す教育を奨励する。

十二、世界の芸術・スポーツ・平和活動を推進する。

(註)②「持続可能な開発目標」(SDGs) も参考にすべきであろう

「世界政府」には次の省が設置される(順不同)。註)③

人類福祉省、世界平和省、世界教育省、地球環境省、資源開発省、 健康・保健省、食糧省、科学・技 術省、防災・救援省、芸術省、スポーツ省など。

各省の長(省長)は、議長によって任命される。任期は三年である。 各省の行政職員は世界中から公募肝心の財源をどうするか。

各国の国力(ないしはGDP)に応じて負担金を捻出する。 各国の、特に先進国の軍事費(人 件費、兵器の製造、開発費、軍事用地代、その他の軍事に関する一切の費用)は不要になるので、それらは全て「世界政府」の財源に なる。ちなみに、これまでの軍関 係者は全員、解雇されるが、希望 に応じて前述の各省、特に防災・救援省に採用されることもある。

また、「地球債」を発行する。そして世界中の富裕者はじめ、広 く一般人から寄付を求める。なお、 代議員の手当は原則として無償とする。

(註)③「平和省」については「平和省を つくろう」(伊藤隆二)をインターネッ トで検索されたし。

次に、代議員長(地球会議の議長)にはどういう人物が相応しいか。私見では、深い洞察力と広い視野をもつ、人徳の厚い人が望まれる。一例としてウルグアイの第四十代大統領のホセ・ムヒカさんがあげられる。同氏は自分の収入の半分を貧しい人たちに寄付し、「国民に選ばれた者は国民と同じ暮らしをすべきだ」という理由から質素に徹し、心豊かな暮らしを実践している。毎日トラクターで畑を耕しながら、こう呟いている。 「人類に必要なのは命を愛するための投資だ」と。また、こうも語 っている。「限られた地域の利益に目を向けた行動がいかに無力か。人類全体が取り組まなければならない課題の解決に向け、互いの違いを認め、多様性を尊重し、様々な知恵を出し合って協働していく。これが最善だ。」(TV放送)

最後に、日本の役割について考えてみる。太平洋戦争で敗北した 日本は直ちに“世界一”と高く評価されている「日本国憲法」を公布した。この憲法は、基本的人権 を確立し、恒久平和を樹立するために武力と交戦権を永久に放棄した。

その際、日本は当然、非武装中立国として、いずれの国とも等間 隔の外交を進めるために全面講和 に踏み切るべきだった。しかし、米国を中心とした、いくつかの国々との単独講和の道を採択してしまった(そのため、ロシアや中国 を中心とした社会主義国とは距離をとってしまった)。ボタンの掛け違いであった。

今こそ日本は初心に帰って、永 世中立国として諸外国に対し、人 類福祉のために戦力の放棄を求める「世界政府」樹立の立役者の役 割(ミッション)を果たすべきなのだ。

ちなみに、「世界政府」(地球会 議場)はどこに設置するか。広島、 もしくは長崎が最適地であろう。

――この「私の提言」(註)④  は理想かも知れない。特に、自国第一主義に凝り固まっている人びとにとっては戯言に映るに違いない。しかし、「『世界政府』なんかどうせ出来っこないさ」と嘲笑し、 諦めてしまったならば、グレタ・ トゥーンベリさんは決して納得しないだろう。

地球上では、さらに弱肉強食の争い(食糧、水、資源を求めての奪い合い)が激化し、人類福祉の実現は永遠に不可能になっていく。それどころか、この世は修羅場と化し、やがて七十七億の人びとは自滅の道へと堕ちていくだろう 。

(註)④この「私の提言」は、もとより「叩 き台」に過ぎない。そこで拙文への多 くの読者からのご感想を是非、恵の園 宛にお寄せいただきたいと思う。共々、 地球の未来に輝かしい希望を抱いて、 知恵を出し合っていきたい、と願う。

超高齢に達した私は、若い人たち、特に社会福祉や教育に熱心に取り組んでいる人たち、政治家を志望している人たちに期待したい。

最も心配しているのは、地球の行く末に無関心で、自分がこの地球上に誕生したことの自覚も、果たすべき責任感も持たない若い人たちが増加していくことである。 無関心は罪悪である。

私は残り少ない余命が尽きるまで「世界政府」の樹立を願い、訴 え続けていく。 (二〇二〇年八月)

《プロフィール》

一九五八年、東京大学教育学部卒業。

一九六三年、東京大学大学院修了。 教育学博士。神戸大学教授、

米国カリフォルニア大学(UCLA) 客員教授、横浜市立大学教授、弘前 学院大学名誉教授を経る。 人間形成論を専攻。

著書は『愛の社会をつくる』(恵の 園出版部)、『人間形成の臨床教育心 理学研究』正・続二冊(風間書房) など。

ピーター・カズニック:核禁条約の意義

Peter Kuznick on the Significance of the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons

ピーター・カズニック:核禁条約の意義

Peter Kuznick on the Significance of the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons

 
 
David Swanson
 

Peter Kuznick on the Significance of the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons

Nuclear city

By World BEYOND War, October 27, 2020
https://worldbeyondwar.org/peter-kuznick-on-the-significance-of-the-treaty-on-the-prohibition-of-nuclear-weapons/

Peter Kuznick answered the following questions from Mohamed Elmaazi of Sputnik Radio and agreed to let World BEYOND War publish the text.

1) What’s the significance of Honduras being the latest country to join the UN’s Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons?

What a remarkable and ironic development, especially after the U.S. had been pressuring the previous 49 signers to withdraw their approvals. It is so fitting that Honduras, the original “banana republic,” pushed it over the edge–a delicious fuck you to a century of U.S. exploitation and bullying.

2) Is it possibly a bit of a distraction to focus on countries that have no nuclear capability?

Not really. This treaty represents the moral voice of humanity. It may not have a universal enforcement mechanism, but it clearly states that the people of this planet abhor the power-hungry, annihilation-threatening madness of the nine nuclear powers. The symbolic significance can not be overstated.

3) There already is a Treaty on Nuclear Non-Proliferation which came into force in 1970 and which has been nearly every country on the planet is a party to. Is the NPT being lived up to?

The NPT has been lived up to to a surprising extent by the non-nuclear powers. It is amazing that more countries have not gone the nuclear path. The world is fortunate that more haven’t made that leap at a time when, according to El Baradei, at least 40 countries have the technological capability of doing so. The ones who are guilty of violating it are the five original signatories–the U.S., Russia, China, Britain, and France. They have completely ignored Article 6, which requires the nations possessing nuclear arsenals to reduce and eliminate those arsenals. The total number of nuclear weapons may have been cut from an absolutely insane 70,000 to a slightly less insane 13,500, but that is still enough to end life on the planet many times over.

4) If it isn’t, what good will yet another treaty, such as the one Honduras just joined, be in such an environment?

The NPT didn’t make possession, development, transportation, and threat to use nuclear weapons illegal. The new treaty does and explicitly so. This is a major symbolic leap. While it won’t put the leaders of the nuclear weapons states on trial by the International Criminal Court, it will put pressure on them to heed global sentiment as has been the case with chemical weapons, land mines, and other treaties. If the U.S. wasn’t concerned about the effect of this pressure, why did it make such an effort to block the treaty’s ratification? As Eisenhower and Dulles both stated during the 1950s, it was the global nuclear taboo that stopped them from using nuclear weapons on several occasions. Global moral pressure can constrain bad actors and sometimes even force them to become good actors.

In 2002 the US administration of George W Bush Jr withdrew from the ABM treaty. The Trump Administration withdrew from the INF Treaty in 2019 and there are questions as to whether the New START treaty will be renewed before it expires in 2021. Both the ABM and the INF treaties were signed between the US and Soviet Union to reduce the risk of nuclear war.

5) Explain the consequences of the US withdrawal from key nuclear controls treaties such as the ABM and the INF treaty.

The consequences of U.S. withdrawal from the ABM Treaty were enormous. On the one hand, it allowed the U.S. to continue with implementation of its still unproven and costly missile defense systems. On the other, it induced the Russians to begin research and development of their own countermeasures. As a result of those efforts, on March 1, 2018, in his State of the Nation address, Vladimir Putin announced that the Russians had now developed five new nuclear weapons, all of which can circumvent U.S. missile defense systems. Hence, abrogation of the ABM Treaty gave the U.S. a false sense of security and by putting Russia in a vulnerable position, it sparked Russian innovation that has put the U.S. in a weakened position. Overall, this has only made the world more dangerous. Abrogation of the INF Treaty has similarly resulted in introduction of more dangerous missiles that can potentially destabilize relations. This is what happens when shortsighted, advantage-seeking hawks make policy and not responsible statesmen.

6) Why do you think the US has been moving away from these nuclear arms control treaties that it originally signed with the Soviet Union? Have they not been serving their purpose?

The Trump administration policymakers do not want to see the U.S. constrained by international treaties. They believe the U.S. can and will win an arms race. Trump has said so repeatedly. In 2016, he declared, “Let it be an arms race. We will outmatch them at every pass and outlast them all.” This past May, Trump’s chief arms control negotiator, Marshall Billingslea, similarly stated, “We can spend Russia and China into oblivion in order to win a new nuclear arms race.” They are both insane and should be taken away by the men in white coats. In 1986, during the previous arms race before Gorbachev, with a little late help from Reagan, injected some sanity into the world, the nuclear powers had accumulated approximately 70,000 nuclear weapons, equivalent to some 1.5 million Hiroshima bombs. Do we really want to get back to that? Sting sang a powerful song in the 1980s with the lyrics, “I hope the Russians love their children too.” We were lucky that they did. I don’t think Trump is capable of loving anyone other than himself and he has a straight line to the nuclear button with no one standing in his way.

7) What is New START Treaty and how does it fit into all of this?

The New START Treaty limits the number of deployed strategic nuclear weapons to 1,550 and also limits the number of launch vehicles. Because of technicalities, the number of weapons is actually higher. It is all that is left of the nuclear arms control architecture that has taken decades to erect. It is all that stands in the way of nuclear anarchy and the new arms race I was just talking about. It is set to expire on February 5. From Trump’s first day in office, Putin has been trying to get Trump to extend it unconditionally for five years as the treaty allows. Trump disparaged the treaty and established impossible conditions for its renewal. Now, desperate for a foreign policy victory on the eve of the election, he has tried to negotiate its extension. But Putin refuses to accept the terms that Trump and Billingslea are proposing, making one wonder just how firmly Putin really is in Trump’s corner.

8) Where would you like to see policy makers go from here, in particular among major nuclear powers?

First, they need to extend the New START Treaty for five years, as Biden has promised he will do. Second, they need to reinstitute the JCPOA (Iran nuclear deal) and the INF Treaty. Third, they need to take all weapons off hair-trigger alert. Fourth, they need to get rid of all ICBMs, which are the most vulnerable part of the arsenal and require immediate launch if an incoming missile is detected as has happened numerous times only to be found to be false alarms. Fifth, they need to change command and control to insure that other responsible leaders have to sign off besides just the president before nuclear weapons are ever used. Sixth, they need to reduce arsenals below the threshold for nuclear winter. Seventh, they need to join the TPNW and abolish nuclear weapons entirely. Eighth, they need to take the money they’ve been wasting on weapons of annihilation and invest them in areas that will uplift humanity and improve people’s lives. I can give them lots of suggestions of where to begin if they want to listen.

8)政策者、特に核保有国、が今後為すべきことは?

第一に、バイデンが実行すると約束したように新START条約を延長すること。

第二に、JCPOA(イラン核合意)とINF (中距離核戦力全廃条約)を復活させること。

第三に、(核)兵器の即発警戒を解除すること。

第四に、ICBM(大陸間弾道ミサイル)を止めること、これは戦力の最大弱点で過去に何度も間違った警報であった事が後に判ったが、ミサイル到来が感知されたら直ちに発射することを要するとしたものである。

第五に、万一核兵器が使用される場合は大統領だけでなく他の責任ある指導者達が署名するよう指揮・党勢を変える必要がある。

第六に、核の冬の敷居以下に戦力を下げること。

第七に、核兵器禁止条約に参加して、完全に核兵器を廃絶することが必要である。

第八に、破滅兵器に無駄にしてきた金を人類を向上させ人々の生活を改善する諸両駅に投資すること。

もし、彼らが聴く気があるなら何から始めるべきかについての沢山の示唆を与えることが出来る。

Peter Kuznick is Professor of History at American University, and author of Beyond the Laboratory: Scientists As Political Activists in 1930s America, co-author with Akira Kimura of  Rethinking the Atomic Bombings of Hiroshima and Nagasaki: Japanese and American Perspectives, co-author with Yuki Tanaka of Nuclear Power and Hiroshima: The Truth Behind the Peaceful Use of Nuclear Power, and co-editor with James Gilbert of Rethinking Cold War Culture. In 1995, he founded American University’s Nuclear Studies Institute, which he directs. In 2003, Kuznick organized a group of scholars, writers, artists, clergy, and activists to protest the Smithsonian’s celebratory display of the Enola Gay. He and filmmaker Oliver Stone co-authored the 12 part Showtime documentary film series and book both titled The Untold History of the United States.



David Swanson is an author, activist, journalist, and radio host. He is executive director of WorldBeyondWar.org and campaign coordinator for RootsAction.org. Swanson’s books include War Is A Lie. He blogs at DavidSwanson.org and WarIsACrime.org. He hosts Talk Nation Radio. He is a Nobel Peace Prize nominee, and was awarded the 2018 Peace Prize by the U.S. Peace Memorial Foundation. Longer bio and photos and videos here. Follow him on Twitter: @davidcnswanson and FaceBook, and sign up for:
Activist alerts.
Articles.
David Swanson news.
World Beyond War news.
Charlottesville news.

2017年「核兵器禁止条約」 支援の公開書簡(原文・和訳)

 

2017年核兵器禁止条約
支援の公開書簡

 

コロナウィルスの全人類的流行病は人類の健康と福祉に対する主要な脅威に向けた更に大きな国際的協力の緊急な必要を厳粛に示して来ました。今日の核兵器の暴発の危険は―事故、誤算、意図的の如何に拘わらず―最近の新型核兵器の展開、長期にわたる軍備管理合意の破棄、核インフラへのサイバー攻撃の非常に現実的な危険によって増加している様に見えます。科学者達、博士達、その他の達人達の警告に注意を向けましょう。私達は今年経験したこと以上に更に大規模な危機に夢中歩行すべきではありません。

 

核兵器軍備国の指導者達の好戦的修辞や拙い判断があらゆる国々と国民達に影響する惨事に結果するかもしれないことを予見することは難しくありません。同盟国の核兵器による防備を主張する全ての国々、即ちアルバニア、ベルギー、カナダ、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、日本、ラトヴィア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロヴァキア、スロヴァニア、韓国、スペイン、およびトルコの過去の指導者、外務大臣、防衛大臣として、私達は、現在の指導者達に後の祭りになる前に非核化を進めるように訴えます。私達自身の国の指導者達が為すべき自明の出発点は、核兵器はそれを使えば破滅的な人間と環境への結果を齎すことに鑑みて、適法な軍事的あるいは戦略的目的には資するもので無いということを無条件に宣言することです。即ち、私達の国々は自らの防衛における核兵器の役割を拒絶することです。

 

核兵器による保護を主張することで、私達は核兵器が安全保障を増すという危険で誤った信仰を助長しているのです。核兵器から世界を解放して進歩を可能にするよりも、私達はそれを妨害し、核による危機を永続化しており、すべてはこれらの大量破壊兵器に執着している私達の同盟国を怒らせない為だけなのです。しかし真の友人ならば、彼らと私達の生命を危険に陥れる向こう見ずな行為に従事している友人達に、率直に話すことが出来るべきであり、またそうするべきなのです。

 

疑いも無く新しい軍備競争は進行中であるので、軍縮の競争は緊急に必要とされているのです。今こそ核兵器依存の時代を永久に終わらせるべき時なのです。2017年に122カ国はその方向に向かって、化学兵器と生物兵器と同様な法的位置付けを核兵器に与えて、それらを検証可能で不可逆的に排除する枠組を確定する記念碑的な地球的同意である核兵器禁止条約によって、勇気ある、しかしとっくの昔に取るべきであった一歩を進めました。間もなくそれは拘束する国際法となるでしょう。

 

今日までのところ、私達の国々はこの条約を支援する地球的多数者には参加しない意向です。しかし私達の指導者達はその地位を再考すべきです。私達は人類に対するこの実存的脅威を目の前にして躊躇する訳には行きません。私達は勇気と大胆さを示すべきであり、この条約に参加すべきです。私達は国家の団体員として核軍備国とは同盟国のままでありえます、条約自体でも個別の防衛でもそれを妨げるものは無いのですから。しかし私達は、私達の同盟国が核兵器を使用するとか、使用あるいは所有すると脅迫することは、いかなる状況下でも決してしてはならないという法的拘束を受けるでしょう。私達の国々における軍縮への非常に広範な人々の支援があるのですから、これは議論の的にならないばかりか大いに賞賛される動きでしょう。

 

禁止条約は、半世紀にわたる非拡散条約の重要な補強ですが、後者は更に多くの国へ核兵器が拡散するのを防止するのに目覚ましい成功を収めましたが、核兵器保有を全面的に禁忌することを確立することには失敗しました。非拡散条約の交渉時に核兵器を保有する核軍備国の米国、ロシア、英国、フランス、および中国は、明らかに自分達が核軍備を永久に維持するのは自分達の特権と見ていました。軍縮するどころか彼らは自らの兵器を増強させるのに大きく投資し、将来何十年にもわたってそれらを保有する計画をしていました。これは明かに受け入れられるものではありません。

 

2017年に採択された禁止条約は何十年にもわたる軍縮の麻痺状態を終わらせるのに役立ちます。それは暗黒時代における希望の灯台の光です。それは諸国が核兵器反対の最高の入手可能な多国間の規範に献身して行動への国際的圧力を打ち立てることを可能にします。その前文が確認するように、核兵器の結果は“国境を越えて、人類の生き残り、環境、社会経済的発展、地球経済、食料安全保障、および現在と将来の健康にに対する由々しき意味合いを持ち、電離放射能の結果を含み女性達と少女達に法外な衝撃を与えるのです。”

 

地球上の何十という場所と常時海洋を巡行する潜水艦搭載の1万4千に近い核兵器があり、その破壊能力は私達の想像を絶するものです。全ての責任ある指導者達は1945年の恐怖が再び繰り返されてはならないことを確実にする為に今行動しなければなりません。遅かれ早かれ私達の命運は消滅するでしょう―もし私達が行動しないならば。核兵器禁止条約はこの究極の脅威から解放して、もっと安全な世界の基礎を提供します。私達はそれを今抱擁して、他者達も同乗するように働かなければなりません。核戦争に治療の手段はありません。予防のみが私達の唯一の選択肢なのです。

Original PDF: 

 

 

Wholly Wholesome Way World: 全体健全な方途世界

Wholly Wholesome Way World: 全体健全な方途世界

I received a picture of the red sky of San Francisco, taken from my son’s home window. Also we saw a video of the wildfire burning just a block away from a Zen teacher in Oregon. I posted it on our blog sites as “the World Is Ablaze!” reminded of the Buddha’s teaching, observing actual burning fire, given to the multitude of his newly converted fire-followers – that the eyes are ablaze, the ears, etc., ablaze. We are on the verge of the “destruction of the world” by humans as the Buddha warned, starting his mission to avoid it. We must know what humanity, life, etc., is to solve our urgent problem.

We have definitions of human nature or characteristics of homo sapiens, homo socialis, home faber, home symbolicum, etc. We may roughly assign truth (language, science), goodness (morality, ethics), beauty (art, technology), and holiness (philosophy, religion) to them. These enabled humans to survive, prosper, and dominate the globe, but also to destroy it into extinction any time now. Hominids developed their heads (esp. brains) and limbs (esp. hands) to evolve their minds and bodies, languages and tools, developing sciences and technologies, extending their mental scope and physical sphere.

Humans thus developed civilization (urbanization, from civitas, cf. citadel: walled city), fighting for matter and might (represented by money) for wealth and utility, creating colonies, classes, wars, wreckage, etc. To solve these problems, they started a spiritual or culture revolution with the heart for harmony (esp. religions, from religare: reunion with holiness: wholly wholesome way world), clarifying and cultivating human nature. The Awakened Way was to awaken to it, especially the fundamental problem of karma (action, habit, heredity), especially its Triple Poisons (desire, divisiveness, delusion).

Our delusion of the (self-same, self-sovereign) Self (leading to divisiveness and desire) creates negative // positive, enemy // friend, etc., but awakening to karma allows perspective for all in one world, a spectrum from white to black, zero to infinity, etc., about things (still/animate), values (good / bad, truth / goodness / beauty / holiness), etc. Through cultivation we create culture, beyond animal life with its survival instinct. Religions have tried to reunite to holiness from sin. Their ideal figure is “friend” (Mitra, Mithra, Messiah, Maitreya, etc.). We need such ones with holiness in all spheres (society, politics, economy, etc.).

September 19, 2020 C.E. Dharma note

私は息子の家の窓から撮ったサンフランシスコの赤い空の写真を受け取りました。また私達はオレゴンの禅の先生のいる所からほんの一区画先で野火の燃えているビデを見ました。私はそれを私達のブログサイトに仏陀が実際に燃えている火事を観ながら最近転宗入団した事火僧達に「目は燃えている、耳などは燃えている」と述べた教えを思い出して「世界は燃えている!」として載せました。私達は、仏陀が警告し、それを防ぐ為に彼の使命の途上にのぼったように、人間達による「世界の破滅」の瀬戸際にあります。私達は自分達の緊急の問題を解く為に人間、いのち、などが、なんであるかを知らなければなりません。

私達は人間性或いは人間の特徴を「智慧人間」、「社会人間」、「制作人間」、「象徴人間」などとする定義を持っています。私達はそれらに大まかに、真(言語、科学)、善(道徳、倫理)、美(芸術、技術)、聖(哲学、宗教)を割り振っても良いかもしれません。これらは人間が生き残り、繁栄し、地球を支配し、しかしまたそれを今では何時でも破滅へと破壊することを可能ならしめました。ヒト類はその頭(特に脳)と四肢(特に手)を発展させて心と体、言語と道具を発達させ、科学と技術を発展させ、その精神的範囲と身体的分野を広げました。

人間達はこうして、豊富と利便の為に物と力(金に代表)を求めて争い、植民地、階級、戦争、破壊などを生み、文明(civilizationはcivitas 都市に由来し「都市化」の事参考citadel 城市:城壁に囲まれた都市)を発展させました。これらの問題を解決する為に人間達は調和(特に宗教:religionはreligareに由来し聖即ち全体健全な方途・世界に再結合する宗教が前衛)の為に心で精神革命即ち文化革命を始めました。覚道はそれに目覚め、特に業(行為、習慣、遺伝)、中でもその三毒の根本問題に目覚める事でした。

 

私達の(自己同一、自己主宰である)自我の迷妄(これは分離と欲望に導く)はマイナス/プラス、敵/友など(完全な分離・別物という考え)を生みますが、(それ言語・感情など)業(によるものと)の覚醒は一切が一つの世界であり、物(生物・動物)、価値(善・惡、真・善・美・聖)などの白から黒まで、ゼロから無限までなどのスペクトル(連続体)であるという視野を可能にします。修養によって、生存本能(のみ)の動物生活を越えて、(それを超越する真善美聖など)文化を生みます。宗教は罪(分離病患)から聖への再結合を試みて来ました。その理想的像は友(Mitra, Mithra, Messiah, Maitreya、弥勒など)です。私達は(社会、政治、経済など)あらゆる分野でその様な人々を必要としています。

2020共通年9月19日 法語

This image has an empty alt attribute; its file name is unnamed-1.jpg

この写真は午前9時半頃撮影

This picture was taken about 9:30 a.m.

This image has an empty alt attribute; its file name is sf-fire.jpeg

上の写真は午前11時55分頃撮影

「窓からの光と比べて室内灯光が如何に明るいかに注目して下さい。」

(上の注記は息子のもの)

The above picture was taken about 11:55 a.m.

“Notice how bright the room light is in comparison to the light from the window.”

(The above notes are my son’s.)

Videos:

https://video.search.yahoo.com/yhs/search;_ylt=AwrEeNtCsGdf9ikASDMPxQt.;_ylu=Y29sbwNiZjEEcG9zAzIEdnRpZAMEc2VjA3Nj?p=wildfires+in+the+west&fr=yhs-sz-001&hspart=sz&hsimp=yhs-001#action=view&id=71&vid=461530ac5e089b9a7d60671d60989163

https://video.search.yahoo.com/yhs/search;_ylt=AwrEeNtCsGdf9ikASDMPxQt.;_ylu=Y29sbwNiZjEEcG9zAzIEdnRpZAMEc2VjA3Nj?p=wildfires+in+the+west&fr=yhs-sz-001&hspart=sz&hsimp=yhs-001#action=view&id=126&vid=26ff688cad525e291a04bd33d68fa614

https://video.search.yahoo.com/yhs/search;_ylt=AwrEeNtCsGdf9ikASDMPxQt.;_ylu=Y29sbwNiZjEEcG9zAzIEdnRpZAMEc2VjA3Nj?p=wildfires+in+the+west&fr=yhs-sz-001&hspart=sz&hsimp=yhs-001#action=view&id=128&vid=8a3dd471bcf4f6560811382ad1fcbdce

https://video.search.yahoo.com/yhs/search;_ylt=AwrEeNtCsGdf9ikASDMPxQt.;_ylu=Y29sbwNiZjEEcG9zAzIEdnRpZAMEc2VjA3Nj?p=wildfires+in+the+west&fr=yhs-sz-001&hspart=sz&hsimp=yhs-001#id=38&vid=7e1c7792443f0806b523d9e11375b9e5&action=view